スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

這いよれ!ニャル子さん 第11話「星から訪れた迷い子」

タイトルの元ネタはロバート・ブロックという人のホラー小説『星から訪れたもの』だとか。

ロバート・ブロックは、『サイコ』の原作者として有名。クトゥルフ神話を題材とした短編著作も多く、ラヴクラフトとも親交があった。(元ネタwikiより)



そんな事より(ぉ)唐突に新キャラ登場。原作を読んでいないのでアレですが、どうやらアニメオリジナルキャラらしいとか。


nyaruko0619_top2.jpg


次回が(おそらく)最終回になると思うのだが、ラストは誰もいない家で真尋が目覚めるという気になるオチに。うーん、一体次回はどうなる事やら・・・


以下、ガタノソア財閥から来たという新キャラに付いていつも通り一発ネタ。
(※やはり微グロ注意)


○ガタノソア(もしくはガタノトーア、ガタノゾーア)


img_130828_5234777_2.jpg


ガタノソアの姿を一目見たものは肌が石化してしまうが、脳だけは半永久的に生き続ける。またガタノソアの姿を忠実に模した彫刻を見るだけでも体に変異が生じるといわれる。その姿は定かではないが、とある手段でその姿を垣間見たキャバット考古学博物館館長リチャード・H・ジョンスン博士の手記によれば「巨大で、触腕があり、象のような長い鼻が備わり、蛸の目を持ち、なかば不定形で、可塑性があり、鱗と皺に覆われている」とされる。(wikiより)



いつもの事だが、これがどうやったらあの幼女に変換されるのか。




這いよれ! ニャル子さん 2 (初回生産限定) [Blu-ray]這いよれ! ニャル子さん 2 (初回生産限定) [Blu-ray]
(2012/07/27)
阿澄佳奈、喜多村英梨 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[ 2012/06/20 19:30 ] 日記 | TB(0) | CM(3)

今回のサブタイトルはともかくとして、ホント唐突に出てきましたね、今回のロリ邪神は
でも、真面目に最終回はどーなるんでしょうかねぇ……? 第二期も、ですが(ぁ

そして、今回の新キャラの元ネタも、かんなりきしょいというか……
ほんっと、何処をどーやったら、あんなロリになるのかが知りたいですね(ぁ
[ 2012/06/21 17:59 ] [ 編集 ]

うーむ

 擬人化とは恐ろしいもので、なんでこんなおどろおどろしいものがこんな萌えキャラに変化してしまうのかと(笑)。まぁ、都合いい解釈はありがたいんですけどね。
 
 オリキャラ出す必要性はあったのかなぁという気はしないでもなかったり。あと残り話数も少ないんだし、急激なシリアスに持っていくことはない気もしますけどねぇ…最後のそして誰もいなくなった状態は、ニャル子だったっけ、これ?と思ってしまいました。
[ 2012/06/21 17:59 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます

>リッターさん
実際、唐突に現れたというイメージがぬぐえなかったですね、あの新キャラは。
これだけ人気を得たアニメなので、二期はおそらく期待していいかと思いますね。

そして、今までが面影を保っていたかといわれれば怪しいですが、今回のキャラに関しては元ネタにかすってすらいない印象ですね(笑)。本当、頭のどこをどう捻ればこれがああなるのやら。

>ゆきさん
本当に擬人化とは偉大ですね(笑)。人間の想像力はすばらしい物です(ぉ

残り話数少ないのに、新キャラ出して大丈夫だったの、とは確かに思いますね。ラストで本当にいきなり別のアニメになったような印象を受け、次回は一体どうなる事やらって感じましたね。


それでは、また。
[ 2012/06/21 19:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://w3b598.blog.fc2.com/tb.php/109-d6f7143d








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。