スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

機動戦士ガンダムAGE、49話「長き旅の終わり」

fa30be52-s.jpg


文字通り、長き旅の終わりであった。




○何だかんだで

結局最後まで尺足らずで超展開(唐突なシドの登場とか両軍の和解とか・・・)が過ぎたけど、終わってみると個人的には満足していたりします。
色んな所に皺寄せが行った(ゼハートさんとかゼハートさんとかゼハートさんとか・・・)せいでもあるけど、ラストバトル自体はきっちり描いていた気がして。終わり良ければすべてよし、というか。

異論は受け付けます(ぁ

○(元)ディーヴァクルー


a084c9b8-s.jpg


「キャプテン・アッシュから指揮権を預かっています」と、前回囮になって沈んだディーヴァの代わりに乗り込んだビシディアンの海賊戦バロノークの指揮をちゃっかり奪っちゃう元ディーヴァのクルーたち。
成長したのはいいけど、その行動はどうか、という気も。


○フリット爺ちゃん


4c548112-s.jpg


「人類を救う救世主になる」という、これまでの長きに渡って戦い続けてきた信念から、プラズマダイバーミサイルを使って宇宙要塞ラ・グラミスごとヴェイガンの本拠地セカンドムーンを誘爆で破壊し、戦いに決着をつけようとするフリットだったが・・・


bde45a3d-s.jpg



39718ab8-s.jpg


e9350720-s.jpg


身を挺してまで彼の行動を止めようとしたキオの説得を受けて、ユリンを始め今まで守れなかった多くの人たちの幻影の声を聞き、ついに今まで憎み続けてきたヴェイガンを許したフリット。
ユリンの幻影のシーンでフリット編のED(君の中の英雄)が流れた時は、演出も相まってベタな展開ではありましたがウルッとくるものがありました。


d1c2b784-s.jpg


「爺ちゃんはなれたんだね。みんなを救える、本当の救世主に・・・」


○キオ・アスノ


89cb90e0-s.jpg


a0e10519-s.jpg


42bd09cf-s.jpg


AGE-FXに乗り換えて以来は不殺主義を掲げてしまって色々活躍が微妙だったキオだけど、ラストバトルはちゃんと主人公やってたよ! 
超展開でシドとが一体したヴェイガンギアを相手にこれまた超展開で和解した両軍の協力を受けながら熾烈な戦いを繰り広げ、最後はヴェイガンギアのパイロットでイゼルカントのクローンでもあったゼラ・ギンスまで助けるという見事な戦いぶり。しかし、最後の最後まで不殺を貫くとは・・・ここまで来たらもう天晴れとしか言い様がないというか(ぁ

○イゼルカント様


1c4725fb-s.jpg


16a1f289-s.jpg


なんか満足そうにポックリ逝っちゃったよ・・・
この人の掲げたエデンという理想に多くの人が振り回される事になったのだが・・・まあ、もう何も言うまい(ぁ

○三世代100年・・・


220743c9-s.jpg


無理矢理100年にしやがったッ!!

○エピローグ


e1a12fd8-s.jpg


カーネル・サンダース・・・じゃなくて、銅像になってしまったフリット爺ちゃん。まあ、最後地球を救ったのはキオの方というべきなんだけど、それまでの功績というか立場を考えればフリットの像が立つのが正しいのかな?


315e5fd6-s.jpg


顔は何故はっきり映らなかったけど、老アセムと中年キオ。アセムといえば、最終回にこれといった見せ場がなくてアセム好きとしては残念・・・出番的に仕方がないか。


1年間、散々愚痴も言い続けてきたけどそれでも毎週見続けてきたガンダムAGE。なのでやっぱり、終わってしまうと何だか淋しいものがありますね。
来週からどうしよう。『聖闘士星矢Ω』の感想でも書こうかな(ぉ

今はとりあえず1年間見続けたみんなお疲れ様!




HG 1/144 ガンダムAGE-FX (機動戦士ガンダムAGE)HG 1/144 ガンダムAGE-FX (機動戦士ガンダムAGE)
(2012/08/25)
バンダイ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[ 2012/09/23 22:05 ] ガンダム | TB(0) | CM(4)

とうとう最終回を迎えちゃいましたねぇ…… 駆け足で進ませすぎたが故に、ラストバトルでいろいろと皺寄せを被ってしまいましたが、まぁ気にしちゃダメですね

ディーヴァクルーはねぇ…… 確かに世話になる艦の人たちにちょっと失礼な部分はあるかも…… そう仕向けるアセムにも問題があるんでしょうが(ぁ
フリットに関しては、キオ同様ちゃんとした救世主になれた、というイメージはもてましたよ 後半戦の態度がアレだけに、このオチはちょっと安心……
キオもキオで、正しい不殺のやり方をカマしてくれた、という印象はあったり…… 正直最初っからこーしてくれ、とも思いましたが(苦笑)
イゼルカントに関しては、正直強引な印象もありますが、そのクローンのその後がどーなったのかが、気になるところだったり……

でも真面目に強引に100年にした、という部分は同感ですね 一言でいえば、まさに「どうしてこうなった」という表現が最もべたかも……(ぁ

ともかく、来週から星矢の感想なら、楽しみに待たせてもらいますね~
[ 2012/09/24 17:47 ] [ 編集 ]

リッターさん

コメントありがとうございます。

ラストは本当駆け足でしたからねぇ・・・もっと余裕を持って出来たのでは? と思わずにいられませんが、今はもう気にしないようにしましょう。

ディーヴァのクルーはせっかく助けてもらったのにあの態度はないんじゃ、と思いましたね。「緊急事態なので好きにやらせていただきます」って。

フリットはちゃんと自分が望んでいた「救世主」になれましたね。最後までヴェイガンへの復讐心にとらわれず、少年時代の優しい心を取り戻してくれて本当に良かったです。

キオは最後まで不殺を貫きましたね。まあ、確かにパイロットまで助ける余裕があるのなら最初からそうしたら、というのはありますが、彼がヴェイガンギアとの戦いでAGE-FXの性能を最大限に引き出した成果だと思いましょう。

イゼルカント様は・・・少々強引に過ぎましたね。あれだけの大義を掲げていても、天命が尽きる時になって自分の過ちに気づいたという事なのでしょうか。
ゼラ・ギンスは真面目にあの後どうなったんでしょうね? 戦う事しか知らずに生まれてきてしまった彼が、普通に生きていけるのか疑問ですが・・・

三世代で100年って計算合わないんじゃ? という疑問をものの見事に強引に纏めてくれましたね・・・。本当に「どうしてこうなった」・・・(ぁ

まあ、『星矢Ω』の感想はまだやると決めたわけではないのであまり期待せずに(ぁ)。予定は未定です。


それでは、また。
[ 2012/09/24 20:18 ] [ 編集 ]

超展開?

 まぁ、先々週あたりから感じてはいたわけですが、予想以上の駆け足っぷりに驚いてしまいました…先週あっという間に退場していったゼハートもそうですが、ラスボス扱いのゼラまでも特に強さを見せつけるわけでもなくあんな扱いになったのには、正直脚本ダメだなと思わざるを得ないというかねぇ…某所で、やっぱり日野氏は叩かれまくっていましたよ(笑)。
 
 さて、内容ですが、満を持して登場のヴェイガン最終兵器のゼラ…出撃後すぐまではフリットに痛手を負わせキオも翻弄されていましたが、さすがにガンダム3機相手では分が悪く、あっさり攻守逆転(笑)。何だろう…3機でやらないと倒せない相手だと表現したかったのかもしれないけど、主人公側がよってたかったにしか見えなかったのは(笑)。
 
 そして挙句の果てにはシドに取りつかれて暴走…うーん、ラスボスにしては何とも扱いが悪いなぁ。尺がどうこうという問題じゃなく、やっぱり脚本が幼稚…ゲフンゲフン。
 
 フリットはついに自分の願いを叶えるところまで来ましたが、キオやアセムに止められて躊躇…そしてユリンやウルフさんたちの回想。あのシーンはよかったかなと思います。フリットも若かりし頃に戻ったしね。エミリーには悪いけど、やっぱりユリンがヒロインだったなぁ…まぁ、エミリーじゃなかったらXラウンダー形無しのスーパーパイロット、アセムが生まれてないんだけど(笑)。
 
 紆余曲折があり、暴走化したゼラを止めるために和解した連邦とヴェイガン。何気にあの髭の濃いおっさん(名前忘れた…)、指導者としてはゼハートよりも上だったんじゃないかと(笑)。セカンドムーンの状況を踏まえつつもう1回ディグマゼノン砲を…ってとこはさすがに追い込まれてたからあれですが、その後の和解までの対応と態度は真摯だったと思います。
 
 そしてここ最近(戦闘では)影の薄かった主人公キオ、さすがに最終回という事でラストは任されていましたね。っていうか、僕なら倒せるって自分から行ったんですが…ここまでの展開で何をもってして自分ならいけると判断したのか教えてほしい(笑)。よっぽどアセムのほうが倒せそうなもんですが…まぁ仕方ないね(笑)。
 シドに取りつかれて暴走していたとはいえ、初対面時には脅威だと感じたヴェイガンギアを難なく追いつめられたのは何ででしょうね…いくら周りからの援護があったとはいえ。まぁ、尺も足りないし仕方ないのかなぁ…もう少しゼラにキオを追い詰めるような見せ場があってもよかったのになと思いましたが。
 
 で、ラストに繋がりますが…やっぱり一足飛びのナレーション対応!やると思った!そうテレビの前でツッコんだのは全国でオイラだけじゃないはず…まぁ、尺的に考(ry
 100年というキーワードの4割弱が描かれないまま老けたアセムとキオで表現…安直だなぁと。そういえば、最後はちょこっと出番のあったヒロイン、ウェンディとはキオはどうなったのかな(笑)。そこも描かれなかったし(笑)。
[ 2012/09/25 18:03 ] [ 編集 ]

>ゆきさん

コメントありがとうございます。

まあ、脚本の面ではどうしても不満を感じる内容だったのは否定しません。これまでもずっと言われ続けてきた事だし、それが最後になって急に良くなる事なんてありえなかったでしょうから。
それでも、1年間見続けてきた作品なので今はとりあえず最終回を迎えられて良かったと思っています。

ゼラ・ギンス&ヴェイガンギアの戦いは確かに三人で寄ってたかって攻撃していたように見えても仕方なかったですかね。そういえば、ラストバトルが1対複数というのは今までのガンダムではあまりなかったですね。

最終回で、フリットが見た幻のシーンだけは素直に良かったと思います。挿入歌も相まって、不覚にもウルッとくる場面でした。
そして、エミリーには悪いけどやっぱりヒロインはユリンでしたね。まあ、エミリーと結ばれたからスーパーパイロットアセムが生まれたので結果オーライというべきなのでしょうが。

あの髭の濃い司令官のオッサンは状況を理解した上で連邦と和解と、確かに司令官としては有能だったかもしれませんね。ゼハートより上かは・・・そもそもゼハートさん申し訳ないけど指揮官としてはあまり優秀なところが見られませんでしたからねぇ。

ここ最近戦闘では影が薄かったキオも、ラストバトルでは華々しい活躍を見せましたね。「僕ならやれる」と思った根拠は・・・きっと連邦とヴェイガンが和解して押せ押せムードになったので強気になった、とか?
ゼラがもう少しキオを追い詰める描写があっても良かったのでは、というのは確かにその通りですね。せっかくAGE-FXにはコアファイターという便利なものがあるのだから、ボロボロの状態でかろうじて脱出するような展開があっても良かったように思います。ゼラを救出しなきゃいけない都合上、そういうわけにも行かなかったのでしょうが・・・

37年を短いナレーションで済ませたのは・・・まあ、突っ込んでも仕方がないかと。そう思ったのはゆきさんだけじゃないと思いますよ?

ウェンディとキオはどうなったんでしょうね? 流石にあの二人は結ばれたと思いたいですが・・・
[ 2012/09/25 20:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://w3b598.blog.fc2.com/tb.php/164-10daffd1








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。