スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

遊戯王GA TURN-05 【弟子入り志願】

この作品は、まんがタイムきららその他のキャラを中心としたオリジナルストーリーの遊戯王SS、という完全に書き手の趣味で構成された二次創作SSです。興味のない方、原作をいじられるのが不快な方はスルーでお願いします。
(※オリジナルキャラクターを使用しています)


魚住「助かりました、まさか急にエンストするとは思わなかったもので・・・」
青年「いえいえ、簡単な故障でしたから。この程度大した事では無いですよ」

早朝の通学途中、魚住はバイクがエンストを起こして立ち往生していたところを、偶然通りかかった青年に助けられていた。
穏やか笑みと銀色の髪が特徴的な青年はまるで牧師を思わせるような服装をしており、長身の大柄な体格で、髪の色からしても日本人ではない事は明らかだった。

魚住「随分と機械に詳しいんですね?」
銀髪の青年「最近日本に来たのですが、その前はルーマニアで機械技師の仕事をしていたもので。おかげで簡単な機械の修理ぐらいはできるんですよ」
魚住「そうなんですか・・・それにしては日本語がお上手ですね?」
銀髪の青年「ええ、その時の知り合いに日本にとても詳しい方がいましてね、その人のおかげで私もだいぶ話せるようになったんですよ」
魚住「そうですか・・・ってやべっ!もう行かないと間に合わねえ!」

腕時計がもう登校時間ギリギリの時刻を指しているのを確認すると、慌てて魚住はバイクのエンジンをかける。

魚住「それじゃ・・・どうもありがとうございました!」
銀髪の青年「ええ、それでは・・・」

バイクを直してくれた青年にお礼を言うと、学園に向けて魚住は愛車に乗り走り去っていった。


銀髪の青年「・・・それでは、またいずれお会いしましょう・・・魚住賢治君・・・」

そう言って銀髪の青年は、先程までの穏やかな微笑とは異なる、冷たい笑みを浮かべる・・・

遊戯王GA TURN-05 【弟子入り志願】

  【きらら学園・駐輪場】
魚住「ふう、何とか間に合ったか・・・」
芦原「魚住、遅いでー!」

駐輪場に愛車を止めた魚住に声をかけたのは、彼の恋人である芦原ちか子だった。どうやら、校舎は別とはいえ途中までは一緒に登校しようと待っていたようである。

魚住「悪い悪い、バイクがちょっとトラブっちまってな。・・・ん?」
芦原「・・・どないしたんや、魚住?」

魚住は偶然、視線の先に見覚えのある人物がいる事に気づく。

魚住「(アイツは確かDR杯の時に会った・・・音無伊御か・・・)」

伊御「つみき、どうかしたのか?」
つみき「・・・伊御・・・話、聞いた・・・」

おそらく、葬儀の話を聞いたのだろう。伊御が落ち込んでいないか、つみきは心配そうに彼の事を見つめていた。

伊御「つみき・・・」 わしゃわしゃ

そんなつみきを安心させるように、優しく彼女の頭を撫でる伊御。

つみき「あう・・・」
伊御「心配かけてゴメン。もう終わった事だからな、いつまでも気にしてはいられないよ」
つみき「そう・・・なら、良かった・・・」
伊御「・・・それに、先生の魂は今でも俺と一緒にあるようなものだからな」
つみき「魂・・・?」
伊御「アレだよ、アレ」

そう言って伊御は自分の愛車・・・まるで黒い翼を広げた鳥のような形をしたバイクを指差す。

伊御「先生が、いつか俺が乗れるようになったときのために残しておいてくれたバイク・・・その名も『ブラック・バード』だ。アレに乗っている間は、先生と一緒に走っているような感じがするんだ」
つみき「・・・」

榊「しかし、「先生の魂は今でも俺と一緒にある」という発言に思わずヤキモチを抱かずにはいられないつみきであった・・・グハァッ!?」 ドガァッ!!

鳩尾を的確に狙ったつみきの右ストレートに打ち抜かれ、榊は派手に吹っ飛ぶ。

伊御「変なモノローグ(?)入れるから・・・」

今はこれが日常の光景であった。

  【きらら学園・GA1年生教室】
外間「えー・・・近代美術の歴史において重要なのは・・・」
烈人「・・・」

烈人はまるで「心、ここにあらず」といった様子で、ただ窓の外を見つめていた。

ナミコ「(・・・赤野のやつ、ちゃんと授業聞いているのか?)」
ノダ「(今当てられたら大変だよ・・・)」
キョージュ「(うむ・・・)」
トモカネ「(おーい、赤野・・・)」

烈人は思う。
先輩は、俺の事を「強い」と言った。内藤さんも、「俺とお前との間に力の差は感じない」と言った。
・・・だけど、あの人たちが言うように、俺にあの二人のような「強さ」があるとは思えない・・・
・・・分からない・・・あの人たちの言葉の意味が・・・

外間「・・・赤野、今のところ読んでみろ」
烈人「・・・うえっ!?」

突然呼ばれて、思わず驚きの声を上げる烈人。

外間「やっぱり聞いてなかったのか・・・まったく、もっと授業に集中せんか!」
烈人「すいません・・・」
ノダ「(あ~あ・・・)」
ナミコ「(言わんこっちゃない・・・)」
如月「(・・・烈人君、何かあったんでしょうか・・・?)」

そんな烈人の様子を、如月は心配そうに見つめていた。

  【放課後 きらら学園・普通科校舎裏】
放課後で人気の無い校舎裏、そこでは交流と一人の少年のデュエルが行われていた。

交流「《レッド・デーモンズ・ドラゴン》で、プレイヤーにダイレクトアタック!-灼熱のクリムゾン・ヘル・フレア!!」
少年「うわあああ!?」

交流のエースカード《レッド・デーモンズ・ドラゴン》の攻撃が決まり、これで勝負が付いた模様であった。

交流「これで君のライフは0、私の勝ちね。これに懲りたら私に付き纏うのは・・・」
少年「さすがです!師匠!」
交流「うわっ!?」

感激の眼差しで、少年は交流に抱きつく。
この眼鏡をかけた金髪の少年の名前はエクス・渚。先日行われたDR杯での交流の活躍を見て以来彼女のファンになってしまったらしく、「自分を弟子にしてほしい」と、ここ最近交流に付き纏っているのである。その度に毎回倒されても諦めない直向さを持っており、さすがの交流も対処に困っている様子だった。

エクス「DR杯の時もかっこよかったですけど、やっぱり師匠は・・・」
交流「抱きつくな!それに、私はまだ君の事を弟子だとは認めてない!」
エクス「そんなぁ・・・!」
ふおん「まあまあ少年、その辺にしておきなよ」

二人の問答を制したのは、どこからともなく現れた交流の(一応)親友である境ふおんであった。

交流「・・・アンタ、どこから出てきたんや」
ふおん「細けぇこたぁいいんだよ」
エクス「境先輩!」
ふおん「少年、今日は負けたんだから弟子入りのリベンジはまた今度・・・という事で、今日のところは引き下がりたまえ」
交流「ふおん、アンタ何を勝手に話を・・・」
ふおん「まあまあ、こうでも言わないと彼はきっといつまでも食い下がるよ?」

ふおんの発言に納得はできないものの、一理あるのは間違いないため仕方なくそれで妥協する事にする交流。

エクス「分かりました!・・・そうだ師匠、これ・・・」

そう言ってエクスは、交流に綺麗にラッピングされた小包を差し出す。

交流「・・・これは?」
エクス「僕の作ったチョコレートクッキーです。師匠にどうか食べていただくて・・・」
ふおん「そういえば私の調べたデータによればキミ、お菓子作りが得意という事だったね」

新聞部に所属し、超情報収集能力を持つふおんにとって、生徒の個人情報を調べるなど容易い事なのである。

エクス「得意だなんて・・・趣味程度ですよ。だから、師匠のお口に合えば嬉しいのですが・・・」
交流「・・・」

普通であれば、男からの贈り物など無下に断る交流であったが、彼女を見つめるエクスの純粋な顔を見ると、冷たくあしらうような事はとてもできそうになかった。

交流「分かった・・・一応受け取っておくから」
エクス「ありがとうございます!それじゃ師匠、また今度!」

そう言い残して、エクスは立ち去っていった。

交流「だから、師匠と呼ぶなというのに・・・」
ふおん「うぷぷ・・・」

一部始終を見ていたふおんは、まるで腹が痛いとばかりに笑っていた。

交流「・・・何がおかしいんや」
ふおん「いや、普段めったに見れない顔が見れたからね。しかし、珍しいじゃないか。交流が男からのプレゼントを受け取るなんて」
交流「・・・仕方ないやないか、あれは断りきれんやろ。・・・それと、ふおん。分かってるやろうけどこの事は・・・」
ふおん「はいはい、通果ちゃんには言わないって」
交流「ならええけど・・・通果によけいな心配かけたくはないし」

交流の妹である通果は、姉が「男と会っている」という話を聞いただけで殺虫剤を持ち出して排除しようとしたほどの心配性である。もし、今あった事が彼女に伝わってしまえば、面倒な事態になるのは容易に想像できた。

ふおん「・・・通果ちゃんには、ね・・・」

そして、「面倒な事態」は起こるべくして起こるのである・・・

  【その夜・三科品宅】
通果「お姉ちゃん!男と付き合う何て絶対にやめてよ!!」

一心不乱の表情で迫る通果に、交流は問い詰められていた。

交流「姉さん・・・」

妹に迫られながら、姉の夕をじっと睨み付ける交流。

夕「だっては私何にも言われてないも~ん」

どうやらふおんから話を聞いた夕が、通果に何があったのか喋ってしまったようである。

通果「お姉ちゃん、お願いだから・・・!」
交流「だから、別にそういうわけじゃないんだって・・・」
夕「よし、分かった。私にいい考えがある」

まるで何かの作戦を思いついたコンボイ指令のような自信満々の表情で夕が何かを提案する。

  【同じ頃、キョージュ宅】
雅「コンボイ指令の・・・「私にいい考えがある」は・・・むしろ元祖死亡フラグ・・・」

キョージュは独り言を言った。

  【そして再び・三科品宅】
交流「いい考え・・・?」

その姉の提案に交流は、どうせまたロクでも無い事を言い出すのだろうと思い不安で仕方が無かった。

夕「通果、貴女がデュエルで彼をやっつけるのよ!」
通果「・・・私が?」
交流「・・・はぁ?」

いきなり何を言い出すんだこの姉は・・・と心底呆れた思いが交流の声にはこもっていた。

夕「彼は交流に弟子入りしたいのよね、でも通果にすら勝てないのであれば、「自分にそんな資格はない」と諦めて近づかなくなる・・・そうに決まってるわ!」
通果「そ、そうね・・・!」
交流「ちょっと、通果まで何を・・・」
通果「私頑張る!お姉ちゃんに近づく害虫を、私がやっつけるわ!」
夕「その意気よ!頑張って、通果!」
交流「いや、私の意見は・・・」

どうやら、交流の意思とは無関係に話が纏まってしまったようであった。
こうして、(一方的に)交流を賭けた三科品通果とエクス・渚の決闘が、後日行われることになるのであった・・・


-次回に続く。

【次回予告】
大好きな姉のため、エクスにデュエルを挑む通果。
しかし、交流はある「理由」から、エクスの事に興味を抱きつつあった・・・

次回、遊戯王GA TURN-06 『天空の聖域』 デュエル、スタンバイ!


○後書き
Q:前回、「いい加減まともなデュエルがやりたい」と言ってませんでしたか?
A:次回まで!次回までお待ちください!

というわけで(何)、次回こそ本格的なデュエルが見られるはずです!(ぉ)。まあ、と見せかけて「その気になっていたお前の姿はお笑いだったぜ」という事になるかもしれませんが・・・などというような事があろう筈がございません(ぉぃ

●キャラクター紹介
エクス・渚(イメージCV:小林由美子)
年齢:14歳(きらら学園中等部二年生)

交流のラブロマンスのお相手役となるオリキャラになります。交流が男勝りというかああいう凛々しいキャラなので、むしろお菓子作りが趣味の可愛い少年とか、そういう人物の方がバランスは取れるかと思いまして(ぇ
名前の由来ですが、「エクス」というのは太陽のように明るい少年、というイメージで。苗字の方は『遊戯王5D's』のとあるキャラより(ぉ)。ちなみに「金髪で眼鏡」というのは100%自分の趣味です(ぇー

○日常パート
さて、何やら冒頭に謎の人物が出ている以外はごく普通の学園生活で、ついこの前「危機は迫っている。もう時間は無い」などと言ったばかりの筈なのですが、あまりシリアスな話ばかりだと自分の心が壊れて人間ではなくなってしまいそうなので(何)。基本的にはシリアスなシーンでも平気でギャグを入れる柴田亜美先生(=『パプワくん』とかの人)リスペクトの方針で話を進めていくつもりです(ぇ
あと、いくら恩師の形見でもハンドメイドのバイクって違法じゃないのか・・・と突っ込まれそうですが、その辺は遊戯王世界なので(ぇ)。いや、例え自作でも陸運局で手続きして登録すればOKらしいのですが・・・細けえこたぁいいんだよ!(ぉ
伊御さんが単車の免許を持っているかどうかは・・・高1なので仮に16歳ならギリギリ持っていてもおかしくはないという事で。もっとも『5D`s』で明らかに免許持ってないであろう人たち(※主人公含む)がなんら問題なく乗り回していたり、普通に考えたら免許取れない年齢の『ZEXAL』の遊馬(※またもや主人公)やその他の人たちが乗っていたりするので、この辺都合のいいところだけ遊戯王世界の常識でいきたいと思います(ぇー

●次回
姉のターン、と見せかけてこのSSでは不遇な扱いだった(ぇ)その妹三科品ミッチーのターンです。ミッチー、予備のジーグパーツを出してくれ!!(それは違うミッチー)。お姉ちゃん大好きな妹が姉に近づく害虫を「全滅」(※一人ですが)させるのか、それとも、ズタボロにやられて「くそっ!このままじゃ手も足も出ないぜ!」となるのか・・・自分、元ネタの『鋼鉄ジーグ』についてはゲームで得た程度の知識しかありません(ぉぃ
次回のタイトルは何か深い意味があるというわけではないのですが、デュエルの鍵となるカードの名前になります(ぉ


それでは・・・次回も頑張ります!!
スポンサーサイト
[ 2012/01/04 18:58 ] 遊戯王GA | TB(0) | CM(7)

面白い展開

 こんにちは。ブービーです。
 私は今、大阪の方に戻ってきました。こちらは灰色の雲が空を覆てっおり、粉雪が降りました。綺麗な光景でしたが、おかげで風邪気味になりました。
 REDさんのところも雪になっていると聞いたため、体の方は大丈夫でしょうか。仕事は大切ですが、お互い、健康には気をつけましょう。
 そして、SSの方は読みました。今回は、新しい動きが次々と目立ち始めた、心躍る話でした。交流の前に現れた弟子と彼女の馴れ初めは、思わず口元が綻びました。
 今回の最初に驚いたことは、魚住くんがバイクを運転していることでした。原作では線の細い性格が色濃い彼だったため、想像しがたい光景でした。
 今後は、このバイクであーさんを乗せていく話が出来るのかなと、思わずにはいられませんでした。
 それにしても、魚住くんを助けた銀髪の青年は、一癖ありそうな人物でした。ルーマニアにいたことと、日本を知っている知り合いがいることから、夕先生絡みであることが考えられました。
 いずれにしても、只のお人好しではなさそうだったので、奇妙な雰囲気でした。
 音無くんとつみきちゃんの登校風景は、原作らしい、ゆったりとした光景でした。彼を慰めようとする彼女に対して、彼は優しく頭を撫でて上げる光景は、姫ちゃんではないですが、顔が真っ赤になりそうでした。
 それで、ここでも音無くんがバイクに乗れることが発覚して、私は唸ってしまいました。この世界は、これが主流なのかと思わずにはいられませんでした。
 その後、戌井くんがつみきちゃんをからかって、彼女に殴り飛ばされる場面は、何時も通りの日常が感じられました。ただ、ここは真宵ちゃんでも良かったかなとも思えました。
 一方、烈人くんは思い悩んでいるようでした。律太くんがいった「強さ」の意味を理解できず、苦悩している様が読み受けられました。
 如月ちゃん達も心配しているため、彼がこれをどのように脱却するのか、注目していきたくなりました。
 そんな最中、交流の方は色々と大変な目に遭っているようでした。エクスくんという少年が彼女に弟子入りしようとしたり、追い返しても好意を持たれたりするなど、彼女にとっては気疲れしそうな展開でした。
 しかも、それをふおんからは弄られたり、挙げ句の果てには、妹である通果ちゃんにも飛び火したりして、彼女は頭を抱えているようでした。
 でも、エクスくんからのプレゼントを受け取ったり、彼に特別な思いを抱くなど、複雑な心境が描かれていました。原作ではふおんくらいにしか見せない表情だったため、異性に見せるのは新鮮でした。
 この二人からは、目が離せそうにありませんでした。
 しかし、通果ちゃんは気が気でないことが伺えました。原作では、お姉ちゃんのことで一喜一憂する言動が危うくも可愛らしく感じられましたが、今はお姉ちゃんを盗られると焦っていました。
 実際は殺虫剤を持ち出していませんが、キョージュの呟きもあり、心配になりました。
 いずれにしても、通果ちゃんとエクスくんがどのようなデュエルを繰り広げるのか、期待が膨らみました。特に、通果ちゃんのデッキが憧れの交流似になるのか、別物になるのか、面白くなりました。また、エクスくんのデッキがどのようなものかも、感心が高まりました。
 これからの波乱が予感できる、心躍る話が紡がれていました。次回のデュエルは、楽しみになってきました。
 それでは、また今度。
[ 2012/01/04 22:22 ] [ 編集 ]

とりあえず、今回はデュエルシーンまで届かなかった、と言うのが正直な所でしょうか?
しかし気になるのが、魚住を助けた男ですね 確実に魚住や律太達と敵対する人間だと言うのは分かりますが、何が目的なのやら……
そしてそれと同時に気になるのが、新キャラの渚か……まぁ、こっちには悪意は皆無と言っても過言じゃないけど、問題はデュエルの方ですね 交流相手に負けるのは当然……とまでは言いませんが……
これから確実にどっちも重要なポジションにつくのは想像に難くないですが、どう活躍してくれるのか、気になりますね
にしても、夕って一体……人を焚きつけて何をするのやら……ある意味ではふおん以上に危険人物なんじゃあ……と思っちゃ駄目ですか?(笑) いや、以前の車の走行云々でもそれは十分に分かっちゃいましたが……

そして、今回意味も無く出てきたキョージュは……いいのか? いや、真面目に(笑)
正直、つみきに蹴られた榊はどうでもいいですが、キョージュは激しく気になりますよ
これからもたまに出てきそうな予感がありありと……一体真面目にどーなるんだか……

それにしても、ミッチーの知識を得たのは、やっぱりスパロボ……?
[ 2012/01/05 17:42 ] [ 編集 ]

感想ありがとうございます

>ブービーさん
実家からの帰省、お疲れ様です。大阪でも粉雪が降っていたのですね。それは相当寒かったでしょう。こちらはちょっと降っていた程度ですが、やはり寒いのに変わりはありませんでしたね。お互い、寒さに気をつけて過ごしましょう。

○冒頭
夕姉さんもストーリー的に重要なポジションに入るキャラという扱いなので、「ルーマニアから来た」という発言は、彼女と関係のある人物だという風に受け取ってもらっていいでしょう(ぉ)。これから新キャラがどういう形で物語りに関わってくるのか、期待してもらいたいと思います。

○バイク
魚住を含めバイクに乗っているキャラが多いのは、ただ単に自分が仮面ライダー好きだからです(ぉぃ)。大型バイクを乗りこなす律太さんといい、ついそういう設定にしてしまうのですよ(笑)。あと、どうにかアニメのライディングデュエル(バイクに乗ってデュエル)をSSでも再現したいなー、という考えもあったり・・・(ぇ

○ここは真宵ちゃんでも良かったかなとも思えました
マヨちゃんが殴られるシーンが見たかったと申すか!(ぇ)。まあ、原作でもよくあることとはいえあまり女の子が殴り飛ばされるのは・・・って今更ですね(ぉぃ
それと、姫が伊御さんとツンネコさんのやり取りを見て鼻血を噴出すシーンは入れた方が良かったかなとやっぱり思いました(ぉ

○烈人君
思春期の少年らしく悩んでます(笑)。まあ、高一の子がそんな簡単に悟ったらそれはそれで怖いし・・・(ぁ)。ここからの彼の成長を丁寧に描く事は、今後の課題の一つですね。

○交流さん
原作では異性との絡みが全然なかったですからねぇ・・・。ただ、そういう意外性のあるキャラだからこそ面白くなりそうかな、と思いまして(ぉ
まあ、その分彼女にはしつこい少年に好意を持たれたり、変な友人にからかわれたり、妹には勘違いされるしと面倒事が山積みですが(ぁ)。ある意味、不幸な扱いになりましたね(苦笑

○ミッチー(ぇ)絡み
殺虫剤の件は原作ではあくまでそういう発言があっただけでしたね(苦笑)。でも、彼女がどれだけお姉ちゃん思いか強調できるエピソードとしてちょうど良かったかな、とか思って書きました(ぇ
ただ、その大好きなお姉ちゃんに近づく男がいるという事態に今は暴走してもらっています(ぁ)。エクス少年との勝負は最初は料理対決にしようと考えていた(ぇ)のですが、やっぱり遊戯王SSなんだからデュエルで決着つけんとな・・・と思いまして。困ったらデュエルで解決、デュエルって万能です(何

>リッターさん
まあ、あまり詰め込みすぎても・・・とは思ったもので。それとも、次回のデュエルシーンまで話を持って行かないと短めに感じたでしょうか?(ぉ
新キャラですが、一人はまだ顔見せ程度の出番ですね。魚住を助けたのも何か別に意味があるわけではなく、正体を明かすにはまだ早いから・・・という程度の理由です。今後どういう形で再登場するのか、そこに期待していただきたいと思います。

もう一人の新キャラ渚君(どこぞのエヴァの人みたいだ・・・:ぁ)ですが、交流に簡単に負けている事でメインキャラである彼女の実力を引き立てる役目も担ってもらいました。ただ、その妹相手の次回はどうなるか分かりませんが・・・(ぉ

夕姉さんですが、通果ちゃんに事情を話して面倒事を起こしている時点で、「面白ければそれで良し!」という思考の持ち主だと察してください(笑)。仰るとおり原作でもふおん以上の危険人物ともいえるキャラなので、ぜひこのSSでもその持ち味を生かしていきたいと思います(ぇー

○キョージュ
勢いで書いた。今となっては反省している(ぉぃ)。特に深い意味はありません(笑
それにしても、榊さんの扱いが妙に冷たいですね(笑

○やっぱりスパロボ~
イエス、ドンの言うとおりです!(ぉ


それでは・・・次回も頑張ります!
[ 2012/01/05 18:58 ] [ 編集 ]

てっきり

ここまでバイクに乗るキャラが多いという事で、5D`sのようなデュエルスタイルに変更していくのかと思っていました(笑)。それはそれで面白そうですが…交流あたりはともかく、他の女性キャラがバイクに乗れないだろうしなぁ(笑)。新オリキャラのエクスくんなんかはまだ中学生だから、確実に乗れないし。
冒頭の銀髪の人…もしこれがオリキャラじゃなかったら、何となく風貌とかが誰かを連想させるんですが、そこはどうなんでしょうね。次の登場に期待します。
駐輪場のシーンは、魚住視点から急に伊御さん視点に変わってるので、その切り替え部分に若干違和感を感じたかも。ナレーション部分というか、情景を表す部分は、1ブロック内では変えないほうが安定してていいと思いますよー。今回だったら、魚住が伊御さんたちの様子を傍観して、それを読者に伝えるとかのほうがいいかも。もちろん話してる内容は詳しくは分からないでしょうから、~~だろう、とか、~~らしい、っていう感じになりそうですが。(それか、音無伊御か?で一旦切って、視点変更をするとか)
烈人くんは烈人くんで、いろいろと悶々とする日々を送っているようですね。葛藤して強くなるのはいい事ですが、授業はちゃんと受けてないと怒られますよ(笑)。
交流は…確かにラブロマンスが始まろうとしていますね(笑)。まさかの年下だとは予想もしていませんでしたが。てっきり律太さんのように年上の実力者に叩き伏せられて、反発していくうちに…みたいなテンプレを考えてしまっていました(笑)。そうか、交流はショタコンか…(ぇ
ここにふおんや通果が絡んでくると、どうにもやっかいな方向にしか物事が運ばないような気がしてなりません(笑)。交流自身、何か考えがあって接点を持つみたいですが…もしやエクス少年を見事に育て上げて、自分を倒させるまでに成長させてから美味しくいただ…じゃなくて(笑)。と、とにかくキーパーソンになりそうなのは間違いなさそうなので楽しみにしています。
次回は交流対通果か…普通に考えたら勝敗は見えてますが、通果のシスコンパワーで何かが起こるかも(笑)。
ではまた次回ー。
[ 2012/01/07 21:28 ] [ 編集 ]

ゆきさん

アニメだと専用のフィールド魔法とかスピードスペルとかあって再現が困難なのですが、「Vジャンプ」に連載してる方の漫画版だと「ただバイクに乗ってデュエルしているだけ」という感じなので、これならいけるかも?と考えています(ぇ)。ただ、こっちの場合「相手が走れなくなったら負け」というルールがあるために、LPを0にするのではなくてそちらでの勝利を目指す人がいて困るのですが。(例:サーキットに亀裂を起こして相手を走行不能にする、相手のバイクに細工をして故障させる・・・など)
まあ、どっち道バイクに乗ってデュエルしたら負けた方はただじゃすまないよね(ぁ

銀髪のキャラ・・・誰か思い出させるような人がいたでしょうか?きらら系列の作品で似たような人物はいなかった気がするし・・・そもそも男が少ないし(ぁ

駐輪場のシーンはご指摘ありがとうございます。確かに急に視点が変わって違和感がある感じるところがありましたね。アドバイスいただいた部分を取り入れて、次に生かせるよう努力したいと思います。

ゆきさんの方だと烈人君は真面目に授業受けてる優等生っぽい感じなんだけどなぁ・・・(ぉ)。まあ、思春期だし悶々とすることもあるよね・・・って、この書き方だと違う意味に取られそうだ(何

エクス君を年下にしたのは、交流に釣り合うような年上の完璧キャラを考え切れなかったから、というのが理由です(ぇ)。それなら、熱心に彼女を慕う年下の方が意外性もあっていいんじゃないかな・・・と思いまして。ところで、高三からみて中二(4歳差)ってショタの扱いになるのでしょうか?(ぇ)。あと、まあ、交流が自分から好んでるわけではないので、ショタコンという事にはならないと思います・・・(汗
そしてやっかいな方向に話は当然進んでいます(笑)。そういうのが好きな人に知られた時点で運の尽きですね(ぉぃ)。交流とエクス少年の接点については・・・詳しいことはまた次回のお楽しみ、という事で(ぇ)。というより、次回の話の肝になる部分なので(ぉ

シスコンパワーで通果ちゃんがビルド・アーップ!するかはさておき(何)、次回は今までよりも長めのデュエルが書きたいなぁ・・・とは考えています。いや、そんなにいうほど長期戦にはならないと思うけど・・・(ぁ
[ 2012/01/07 22:19 ] [ 編集 ]

正月休みが終わってしまい、無想転生でも使えるようになりそうなくらい悲しみを背負ってしまていました(笑)。で、生活リズムを取り戻すのに苦労してまして、帰ってきたらすぐ寝るの生活になっていたので、このSSが上がっていることにに気付かなくて、コメントが遅れてしまいました。無視されるという制裁を食らってからできるだけ早くコメントするようにしていたのですが遅れてしまいました。すいません。
これが僕の言い訳ですが果たしてREDさんは許してくれますでしょうか。

銀髪の青年「颯爽登場!銀河美少年!」
魚住「なんだお前」
きっと二人の出会いはこんな感じだと予想(笑)。何のアニメか知りませんが、真っ先に浮かんだのがこれですね(笑)。どうでもいいですが、CMで聞いたときはどう聞いても銀髪少年!としか聞こえなかったのは僕だけではないはずです。
牧師と聞くと、吹き荒ぶ嵐のゲーニッツを思い出す今日の午後。ただ奴は金髪でしたね。どうやら彼はゲーニッツではないようです。
ルーマニアと聞くと確かこのSSにおいては何やら事件があったところですね。魚住を知っていたり不気味な笑いを見せているところから察するに、銀ちゃんはその事件に何らかの形で関わっているのは間違いなさそうですね。きっとルーマニアの北部でポーヒーしてデデーンしたんでしょう、多分(笑)。そんなことより、こんな不気味な奴にバイクを修理された魚住のバイクが心配です(笑)。事故ったりしてないでしょうか(笑)。

伊御のバイクは前回登場した師匠の形見なのですね。まあこの年で自分のバイク買うというのは経済的になかなか苦しいところがありますしね。そんなことより、何よりもインパクトがあるのはそのバイクの名前ですよ。『ブラック・バード』て(笑)。何ですかこの、ちょおキモいのいた(|| ゜Д゜)とか発言していた馬鹿女のバックにいると言われている伝説の暴走族『ダークコンドル』と同レベルのネーミングセンスは(笑)。師匠はいい年して厨二病だったんでしょうか(笑)。その厨二臭がする名前を恥ずかしがらずに堂々と言う伊御は、よっぽど師匠を尊敬していたのだろうという様子が見て取れますね(笑)。

烈人は色々デュエルについて考えているようですね。自分が強いかどうかで迷っているようですが、自分の強さなんてそう簡単に自分で実感するのは難しいでしょうし、悩んでしまうのはある意味自然なのかもしれません。最近負けてばっかですし(笑)。でもそんなにデュエルのことばっかり考えてたら、ほったらかしにされた如月が拗ねてしまっていつかは如月に嫌われてしまいますよ(笑)。

そして交流のターンですね。いきなりデュエルのシーンから始まり、あっさり負けているところから実に弱いところが見てとれます(笑)。まあタイトルが弟子入り志願ですし、弱いのは当然ですね。それにしても交流に抱きつくなんて、なんと羨ましい(笑)。そしてチョコクッキーまで渡すなんて・・・バレンタインには早すぎますよ(笑)。
しかし・・・前回から今回の弟子がどんなのか期待してて、イラスト見たとき、きた!ショタきた!これで勝つる!負けてましたがと思ったのですが、今回冒頭に出てきた銀ちゃんと一緒のタイミングで出てきたということを考えると、どーも胡散臭くなってきたんですよねぇ。交流の持つカードを狙っていたりとか、夕ちゃんを狙っているのか、とか。名前がエクス・渚ということと金髪ということをを考えたら、彼が外国人だということは明らかです。なので金髪の対となる銀髪を持つ銀ちゃんとの関係が気になってきます。銀ちゃんの名前が開かされていないというのも気になりますねぇ。ひょっとしたらエクス・〇〇もしくは〇〇・渚とかなのかなぁと思いました。

そういえばこのSSにの通果はヤンデレ属性が付与されているようですね(笑)。まあわからなくはないですが。僕もヤンデレ大好きですから大賛成です(笑)。好きすぎて海翔にをヤンデレ成分加えてしまったくらいです(笑)。いいですよねヤンデレ、いきすぎてはいますが僕もあそこまで深く愛されてみたいもんです。そして是非ぶち殺してください(笑)
そんな余談は置いといて、結局渚のことが通果にばれてしまったようですね。ルートはふおん→夕→通果のようですね。確かに通果“には”伝えてませんが・・・。まるで吉本新喜劇の絶対しゃべるなよって言われたからメールで伝えた。みたいな感じの流れを見ているようでした(笑)。
結局はデュエルで解決することになったようですが、どうしてそうなった(笑)。そこは実力行使でいきましょうよ(笑)。
通果「お姉ちゃんは私だけを見てればいいの。あんな奴にはお姉ちゃんを渡さない。わたすもんですか!たとえ幽霊になって出てきても、また始末すればいいんだもんね。お姉ちゃんにすり寄ってくる意地汚い男どもはみんなもうこの世にはいないのよ・・・」
みたいな感じで(笑)。
さて、冗談はさておき次回は通果のデュエルシーンが見られるわけですね。確かまだ通果のデュエルシーンはなかったはずですよね。どんなデッキでどんな戦略か。そしてどんなヤンデレぶりが見られるか楽しみです(笑)。

では、また
[ 2012/01/08 02:39 ] [ 編集 ]

通りすがりさん

以前コメントをし忘れた件ですが、感想をいただいた事に気がつけなかっただけで決して無視をしていたわけではない事は重々承知ください。いえ、コメントに気が付かなかった自分に非があるのは当然なのですが・・・。とりあえず、その点だけはどうか理解していただけると助かります。

○冒頭
『銀河美少年伝説』ですか。作品の名前だけは知っているのですが、内容についてはよく知らないのでネタにリアクションできなくて申し訳ない(苦笑)。銀髪ですが、牧師姿は仰るとおりゲーニッツをイメージしました(笑)。ゲーニッツの「穏やかな表情の裏に潜む狂気」というキャラは、この銀髪の青年にも近いものがあると思っていいでしょう。ポーヒーしてデデーンしたかは・・・詳しいことは後々明らかになっていく事でしょう。というか、ドラゴンボール(というかパラガス)ネタ振りすぎたかな?(ぇ
このバイクの修理が後に重要な伏線に・・・などという事があろうはずがございません(ぉぃ

○伊御さんサイド
『ブラック・バード』のネーミングはアニメでのBF使い・クロウのバイク名をそのまま拝借しました。確かに現実に堂々とこんな名前を付けるのは厨二かもしれませんが(笑)、ああ見えて(何)伊御さんもまだ高一です。きっと
伊御「まるで黒い翼を広げた鳥・・・『ブラック・バード』なんて名前はどうだ?」
榊「かっこいい・・・!」
なんて会話があったのかもしれません(ぇー
ちなみに、この名前を付けたのが伊御さんか師匠かはご想像にお任せしたいと思います(ぉぃ)。あと、『ダークコンドル』の元ネタはちょっと分からないです。

○烈人君サイド
まあ、確かに負けてばっかりいたら自信が持てないし悩むのも仕方ないよね(ぁ)。デュエルのことばかり考えるのはデュエルSSの主人公(ぉ)として正しい姿だと思わなくもない気がしなくもないかな?(ぇ)。あと、如月は優しいからきっと大丈夫ですよ(ぉぃ

○交流さんサイド
どうせあっさり負けるんだしデュエルシーンは省いても良かったかな?と思ってこうなったのが正直なところだったり・・・(ぉぃ)。まあ、それだけ弱いと思っていただいて問題ないです。抱きついたのは・・・それだけ純真なキャラっていうのを表現したくて(笑)。このSSの時期は7月の設定なので、確かにバレンタインには5ヶ月ほど早いですね(笑
イラストは気に入ってくれたようで非常に有頂天です(ぉ)。ショタ分足りないかな・・・と思ったもので(ぇ
同じ回に登場したのと、二人ともみたところ日本人じゃない感じなせいで妙に勘繰らせてしまったようですが、今のところ(ぇ)二人には特に関係性は無いです。でも、銀と金って確かに対照的ですものね。まるでポケモンみたいですが(コラ

通果ちゃんは原作でも大体こんなキャラだと自分は解釈していたのですが、ちょっと特徴を強調しすぎたかもしれませんね(ぇ
確かに「通果ちゃん「には」喋っていないよ」ってコントみたいな話ですが(笑)、交流さんがもう一人話が伝わると面倒な事になる危険人物がいるというのを忘れていたのが迂闊だったかもね(ぁ
あと、通りすがりさんは『遊戯王GX』の第3クール(とりあえず、「ユベル」というキャラが出てくるシーンだけでも)を見ると大変満足できると思うのですがいかがでしょうか(何

>どうしてそうなった(笑)。そこは実力行使でいきましょうよ(笑)。
だってデュエルSSですし、問題事はデュエルで解決する方が自然な流れですよ(ぇ)。デュエルって万能です(何)。まあ、遊戯王にはカードゲームアニメなのに度々その事を忘れて実力行使で物事を解決しようとするリアリストな方が出てきて困りますが・・・(ぁ)。カードゲームアニメなのに「こう見えても腕力には自信があるんですよ」とリアルファイトを始める奴が出てきた時はある意味衝撃でしたよ・・・(何

とりあえず、次回ミッチーVS渚のデュエルにご期待ください。
[ 2012/01/08 21:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://w3b598.blog.fc2.com/tb.php/17-966dd5a8








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。