スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

天皇杯3回戦

第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦
ベガルタ仙台 1 - 2 ロアッソ熊本
得 点 者:齊藤 和樹(後半3分)、渡辺 広大(後半19分)、養父 雄仁 (延長後半14分)
試合詳細は→こちら

地上波での中継はないので、ネットでのスコア速報に張り付きながらの応援(ぉ
現在、J1で2位に付けていて優勝争いを競っている仙台を相手にしながら、延長後半まで戦い抜いてまさかのジャイアントキリング(大物食い)達成!

ありがとう・・・最高の夜だ・・・

J2自体の日程は11月で終わってしまうが、天皇杯に勝てた事でシーズンオフに入るのをもう少しだけ引き伸ばす事ができた。熊本のようにJ1昇格が現実的でなくなってしまったチームにとって、「一試合でも多く戦える」というのは、選手・サポーター両方のモチベーション的に大きいだろうと思う。


カモンロアッソ!(喜びのダンス)
スポンサーサイト
[ 2012/10/10 21:44 ] サッカー | TB(0) | CM(4)

漫画・ジャイアントキリングと言えば、達海・椿・村越よりも、緑川・佐倉・ダルファーだと信じてるグラーフリッターです(マテや

ともかく、今回はお見事としか言いようのない展開だったようですね
こういうのを生で見ると、感情的に盛り上がること請け合いでしょうね 特にファンだと

私も見に行ってみたいですが…… 機会に恵まれないしなぁ……
[ 2012/10/11 17:31 ] [ 編集 ]

リッターさん

コメントありがとうございます。

確かに、「ジャイアントキリング」といえばモーニングで連載している漫画の方を連想しますね。自分はたまに立ち読みで読む程度なのですが、監督やフロント、サポーターなど実際に戦う選手以外にも目を向けているという面白さがあり、リアルサッカー漫画路線としては中々に成功している類の作品という印象を持っています。

いや、朝のニュースでのハイライトなどでしか映像は見れなかったのですが、それでもすごく興奮する試合でしたよ。
できれば生で見たかったですねー。でも、こういう試合を今後も続けてくれれば、もっとスタジアムに足を運んでくれるファンも増えてくれるという期待が持てました。

コンサドーレのホームはファイターズと同じ札幌ドームでしたっけ? 住んでいる場所にもよりますが、熱狂的なファンでもない限り何かしら行く機会がなければ積極的に観戦に行こうとは思わないものでしょうしね。熊本のスタジアムも割と辺鄙なところにあるもんで交通アクセスの悪さが障害になってますし・・・(ぉ
まあ、来年はいずれ札幌ドームでお会いしましょう(ぇ


それでは、また。
[ 2012/10/11 18:52 ] [ 編集 ]

おー

 毎年天皇杯では、J2やJFL、大学チームによるこういう下剋上があるものですが、最近ではJ2がその下に負ける事も下剋上と呼ばれてしまいますからね。でも、今回のロアッソがJ1でも上位のベガルタ相手にあわやPKになるかというギリギリに勝ち越しというのは、下剋上にふさわしいアツい展開ですねー。
 
 J2でも特に上位というわけではないロアッソなだけに、今期はここに集中してる部分も少なからずあったのかもしれませんね。逆にベガルタはリーグ戦を優先していたのかもしれないし。モチベーションの持ちようも関係していたのかも。
 
 宮崎はサッカーが盛んというわけでもなく、観戦しようという環境がそうそうなかったので、どんな盛り上がりなのが現地体感してみたいものですねー。今だったら東京だから、いくらでも体感できるんでしょうけど、在京チームに思い入れがないからなぁ(笑)。
[ 2012/10/13 16:47 ] [ 編集 ]

>ゆきさん

コメントありがとうございます。

天皇杯のようなカップ戦では海外でも下克上が珍しくないみたいですからね。今年はJ1の新潟に大金星を収めた福島ユナイテッドにその話題は全部持っていかれましたが・・・(ぁ)。でも、J1で優勝争いをしているチーム相手に下克上を成し遂げたロアッソも十分に誇れるであろう熱い戦いを繰り広げてくれたと思います。

モチベーションの高さにが勝敗を分けた部分は少なからずあったかもしれませんね。熊本はもうJ1昇格が現実的になくなって、それだけにこの戦いに勝つ事に全てを注いでいたでしょうから。逆に仙台はリーグ戦を重視していたのと、相手が格下と甘く見ていたところもあったのでhがないかと思います。

宮崎はイメージ的に野球王国という感じですからね。Jリーグを目指すチームも無いですし、中々観戦する機会に恵まれないというのも仕方がないという気もしますね。東京であればJ1のFC東京やJ2の東京ヴェルディ等、選り取りみどりなのでしょうが、特にサッカー観戦が趣味というわけでもない限り「地元の」チームではないのだから思い入れが持てないのも分かりますね。Jリーグはやはり「我が町の」クラブを応援する醍醐味があってこそだと思っていますし。


それでは、また。
[ 2012/10/13 20:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://w3b598.blog.fc2.com/tb.php/174-772b9899








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。