スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

遊☆戯☆王ZEXALII 第2話(75話「勝利の方程式よ揃え 打ち砕けカオスエクシーズ!」

97c2eab0-s.jpg
↑二人の力を合わせて!


ついに動き出したバリアンの刺客、それに対して遊馬とアストラルは力を結集し、一心同体で立ち向かう!

あと、どうでもいい事だけどこれ書いてる途中に寝落ちしてしまったらしく、気づいたらPC点きっぱなしで寝てました(ぁ



○カオスエクシーズの驚異
 風魔の召喚したカオスエクシーズ機装魔人エンジェネラル、ナンバーズの破壊耐性さえ無効化する特殊能力を持つこのモンスターの前に遊馬は希望皇ホープを破壊されてしまい、必死に敗北を防ごうと策を弄するものの、カオスエクシーズ機装魔人エンジェネラルのもうひとつの効果を受けて残りLP100の本当に窮地にまで追いつめられてしまう!
 さらに風魔は余裕の笑みで「街中にいる仲間たちが続々遊馬の元に向かっている」と言う。何人集まろうがデュエルは1VS1でやるものだから関係ないと思うが、とにかくますます危機が迫っていることには変わりない。

 その頃、遊馬のピンチにアストラルは、友である遊馬を救うために、自分を遊馬のところに連れて行って欲しいと小鳥に語りかけていた。
 アストラルを守るために皇の鍵を預け、一人で戦う事を決めた遊馬の思いを小鳥は話すが、アストラルは「だからこそ友を救うために行かせて欲しい」という・・・


99f69f78-s.jpg
↑小鳥に語りかけるアストラル


 そんなアストラルの思いを受けて遊馬に皇の鍵を届けるため、途中転んだりしながらも遊馬の元に急ぐ小鳥。


6fee3e0c-s.jpg


小鳥「かっとビングよ、小鳥ー!!」


○一心同体の二人
 そしてついに、防戦一方の戦いを続けていた遊馬の元に小鳥とアストラルが間に合った!
 遊馬はアストラルを守れなかった事を詫びる。だが、アストラルはそんな遊馬を「本当の友だ」と言って誇る。
 

725ff208-s.jpg


 ここに揃った二人! 二人の力が合わされば一心同体で敵無しだ!


e70389d9-s.jpg


アストラル「おもしろい、勝つぞ遊馬!すでに勝利の方程式は揃っている!」

 遊馬は墓地の希望皇ホープを復活させ、希望皇ホープレイにカオスエクシーズチェンジ! 相手がカオスエクシーズなら、こっちもカオスエクシーズだ!


b4dbced3-s.jpg
希望皇ホープレイ

 アストラルとの戦術で風魔の伏せカード、モンスター効果を突破した上で最終的に攻撃力を7600までアップさせた希望皇ホープレイカオスエクシーズ機装魔人エンジェネラルを戦闘破壊、一気に逆転で勝負を決める遊馬とアストラル!


5e5b731a-s.jpg


遊馬&アストラル「ホープ剣、カオススラッシュ!!」

 敗れた風魔。だが、彼は「俺の仲間たちが向かっていることを忘れたのか」と余裕の笑みを崩さずに言うが・・・


413_12.jpg


413_13.jpg


カイト&シャーク「それはどうかな?」

 そう、風魔の仲間たちはここに来る前にカイトとシャークの手で既に倒されていたのだ!
 しかし・・・


96576ac5-s.jpg


551c9882-s.jpg


 なぜ普通にデュエルをしただけでこんなにボロボロになるのでしょうか?
 今更突っ込んだら負けか・・・(ぁ

 結局風魔もカイトの下僕ロボ・オービタル7のリアルダイレクトアタックでお休み。今度こそ本当の決着へ。


d56a1aaa-s.jpg
↑リアルダイレクトアタックっておま・・・

 
 バリアンの送り込んだ刺客との勝負に勝利した遊馬。しかし、結局は彼も所詮はギラグに意識を操られていただけの傀儡に過ぎない。本当の戦いはこれからだ、という所で遊馬、カイト、シャーク、三人の結束を再確認して今回は終了。

 デュエルの方はまたピンポイントなご都合主義カードこそあったものの、遊馬とアストラルの絆の深さを再確認できる熱い戦いだった。やっぱり、こういうシンプルな「熱さ」こそがZEXALの魅力だと思うわけで。

○次回


84b106cd-s.jpg
↑新キャラ・真月零


どうやら次回は遊馬たちのクラスに転校生の真月零という新キャラクターが登場するようだ。
このキャラ、予告ではどうも見かけによらずトラブルメーカーである様子だが・・・

次回、「よかれと思ってただいま参上!真月零と申します」 に、ハート・バーニング!



遊戯王ゼアル OCG コスモ・ブレイザー (仮) BOX遊戯王ゼアル OCG コスモ・ブレイザー (仮) BOX
(2012/11/17)
コナミ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[ 2012/10/16 19:03 ] 遊戯王 | TB(0) | CM(2)

お約束の

 残りLP100でしたね(笑)。もうこうなったら逆転フラグでしかないという、逆に安心して見られる展開ですらあるわけで。しかしまぁ、小鳥が間に合わなかったらホントに何とか防戦してた遊馬には打つ手がなかったでしょうからね。
 途中で転んだり…小鳥ちゃん、ヒロインしてるじゃないか!(笑)
 
 間に合ったアストラルとの絆で、普通だったら無理だろと思うような大逆転勝利でしたなぁ…まぁ、普通って何?というのが遊戯王の世界なんですが(笑)。勝利の方程式ってすげーなぁ…流れるような逆転劇だもんなぁ。
 
 そんなデュエルが行われていた一方で、カイトとシャークは雑魚どもを一掃してたわけですが…これはもう、リアルファイトをやってたんだろと言わざるを得ない風景ですよね(笑)。カイトのほうはオービタルがいたから分からないでもないですが、シャークはどういう手段であの人数をやっつけたんだろ…(笑)
 結局風魔もそのオービタルからリアルにやられる始末(笑)。もうオービタルだけでいいんじゃないかな?(笑)
 
 新たな脅威に対してさらに絆が深まる3人。どうせなら、1部のライバルたちも絡んできてほしいなぁ。というか、カイトとドロワさんのその後とか見たい(笑)。
[ 2012/10/17 17:58 ] [ 編集 ]

>ゆきさん

 コメントありがとうございます。

 残りLP100、まさに鉄壁ですね。こうなるともはやどんだけ不利でも逆転フラグ以外の何物でもないという(笑)。ただ、小鳥ちゃんというかアストラルが間に合わなければ・・・いや、普通にホープレイを出していれば逆転できていたのでは? とも思いますが(ぁ)。まあ、アストラルのアドバイスがあってこその逆転でしたよね。
 小鳥ちゃんはヒロインですよ。ヒロイン以外の何者だというのですかー(笑

 アストラルとの絆でとにかく鮮やかすぎるほどの逆転劇でしたが、遊戯王における「普通」の定義を聞かれると困るのも事実ですね(ぁ)。いきなり決闘者とその相棒が合体しちゃうような世界観ですから(笑

 カイトとシャークは一応、普通にデュエルをやっていたはずなんですけど、あの光景だけ見るとリアルファイトをやっていたとしか思えない惨状が広がっていましたね(笑)。あと、オービタルに頼っているカイトよりもリアルファイトではシャークの方がおそらく上です。札付きのワルを舐めてはいけません。きっとこう、片っ端からちぎっては投げ・・・(ぇ
 最終的にはオービタルが「もうあいつ一人でいいんじゃないかな?」というリアルダイレクトアタックをかまして終了という・・・こういうところも実に遊戯王らしいですね(ぇー

 ドロワさんやゴーシュの再登場にも期待したいですけどね。後、Ⅳさんとかトーマスさんとか(※同じ人です)。とかく魅力的なキャラばかりだっただけに、第一部だけで退場させるにはもったいないキャラが多いなぁ。

 それでは、また。
[ 2012/10/17 21:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://w3b598.blog.fc2.com/tb.php/178-176305cb








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。