スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドキドキ!プリキュア 第2話「ガーン!キュアハートの正体がバレちゃった!!」

34d3a297.jpg


 今回の内容、「バレた」というより「バラした」が正しくね?


9a74df61.jpg


 初めての変身なのにむっちゃ強えー!敵幹部二人を同時に相手してもまるで動じず、変身前のハイスペックぶりがここでも発揮されたということなのか・・・


1f9c0aa7.jpg


キュアハート「人助けに理由なんていらないでしょ」

 そしてこのお人好しっぷりも変身前と変わらずだ!『ZEXAL』の遊馬もそうだけど、こういう良い意味で単純な性格の主役は見ていて気持ちがいいなぁ。


d85a1fba.jpg


 しかし、キュアソードは助けてもらっておいてこの態度・・・
 どうやら、序盤のキモは彼女がいつデレるか、になりそうやね(ぇ


479a1d29.jpg


 マナのことを童話の「幸福の王子」に例える六花。
 「幸福の王子」って最後は全身の金や宝石を持って行かれてボロボロになる結末なんだけど、マナにはそこまでの覚悟があるという暗示なのか?(ぉ


5c207039.jpg


山口亮太 @staffwhy

プリキュア第二話、いかがだったでしょうか。六花はマナの隠し事をあっさり見抜いていましたが、どうして判ったのかお気付きでしょうか? そう、マナはウソをついているとつい髪の毛をいじるクセがあるからですね。


↑メイン構成を務める山口さんのツイッターより。なるほど、そういう設定があるのね。


1fc4d4cd.jpg


マナ「私、プリキュアに変身したの!」
六花「そう。じゃあ私は因幡の白兎を探しに行くわね」


 いや、そりゃ信じろっていう方が無理な話やけど・・・(困惑)


a3368763.jpg


 マナの家族が登場。プリキュアは伝統的にそうなんだろうけど、家族周りの設定がしっかりしてるアニメは良作という印象(ぉ
 逆にマナの父親が六花に対して「今日はご飯食べていかないのかい?」と発言したあたりでどうやら六花の家族関係は複雑な様子を伺わせるなど、細かい伏線の貼り方が上手やね。

0c0987f5.jpg


 今回のジコチューは「信号を無視したいと」いう欲求から信号機。・・・あれ、最初のジコチューってなんで蟹だったんだ?


074fe086.jpg


六花「私はあなたのツバメにはなれないの!?」

 また一人でジコチューに立ち向かおうとするマナに対し、自分を最初の「幸福の王子」の物語に出てくる王子の像から金や宝石を運ぶ手助けをするツバメに例えてその力になろうとする六花。
 ・・・ところで、「若いツバメ」という言葉がありますがひょっとしてそっちの意味も込められてたり・・・(コラ


213009b0.jpg


マナ「見ててください・・・私の、変身!」


b60e00c6.jpg


 信号機ジコチューの特殊能力で動きを止められたキュアハート。その対処方法は・・・
 ・・・いや、それはさすがにないだろ(ぁ


44da78ea.jpg


 志村ー!後ろ後ろー!
 結局この六花の機転で今回も(いや、そもそも今回が初めての変身だったのだが)見事ジコチューを浄化したキュアハート。良い捉え方をしたら変身しての単なる力押しで倒すだけの展開じゃなくて良かったとも言えるね(ぉ

 まだ2話目とはいえ、今週も安定して面白かった。ヒロインの親友・家族含めて同級生や先生など脇キャラの描写にもしっかり力を入れてる感じがまた好印象。やっぱり、キャラを大切にしてるのが伝わって来るとそれだけで個人的にはポイントが高く感じるね。


7415af08.jpg


 来週は六花のターン!3番目のプリキュア、キュアダイヤモンド登場だ!!




ドキドキ!プリキュア シールあそびえほん (たの幼テレビデラックス)ドキドキ!プリキュア シールあそびえほん (たの幼テレビデラックス)
(2013/02/01)
講談社

商品詳細を見る

スポンサーサイト
[ 2013/02/11 19:52 ] プリキュア | TB(0) | CM(2)

恐らく、正確には「バラす羽目になった」と言うべきなんでしょう ……皆さんも注意力の高い友人には気を付けましょうね?(何

兎も角主人公のマナ、良い意味で単純と言うべきか……親の教育と友人に恵まれた、と考えるのが妥当とみるべきか……
マルスが来るまで沙織に何も教えてもらえなかった上に、シャイナに毎日フルボッコにされてた光牙とは、色々な部分で正反対だよなー、とも思いたくなるのは、事実でしょうね

そして今回やはりメインとなるのが、相棒の六花でしょうが、敵のジコチューさんはねぇ…… アンタそんなんでいいのか?とは思ったり…… まぁ、幹部にも責任の一端はあるんでしょうが
当然のことながら、REDさんの言うとおり「志村ー 後ろ後ろ―」と言いたくなったオッサン(?)のプリキュアファンは、一人や二人じゃあない、と思いたい……(何
兎も角次回、六花が続いてメインになるみたいですね 今度はどんな活躍をしてくれるのやら……
[ 2013/02/12 19:51 ] [ 編集 ]

リッターさん

 コメントありがとうございます。

 まあ、六花の洞察力で気づかれてしまったのも事実なので、確かにその言い方が正しいでしょうね。現実に彼女のような深い洞察力を持った友人はいないので今のところ心配はしていませんが(何

 マナ、ここまでの話を見る限り家族や友人に恵まれてああいう素直な性格に育ったとみて問題ないでしょうね。良い意味で単純なところは本当に見ていて好感が持てます。

 しかし、信号機ジコチューの倒し方はアレでいいのか?とはさすがに思いましたね(笑)。イーラも「また邪魔が入ったか」じゃないっての、お前がなんとかしろよ(笑)
 そしてやっぱり「志村ー 後ろ後ろ―」と突っ込んだファンはオッサンですね(ぇ)。まあ、今の若い人には分からないネタだろうから仕方ないね(ぁ
 来週は六花メイン回のようですが、どのような活躍を見せてくれるかに期待ですね。


 それでは、また。
[ 2013/02/13 17:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://w3b598.blog.fc2.com/tb.php/245-6133ec89








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。