スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

反省点

ようやくTURN-06アップ。何とか、1月中にあげるという目標は果たせました(ぁ

今回の主な反省点はデュエル部分が正直間延びしすぎた、と感じたところかな?エクス君のデッキに【パーミッション】というどうしても一回の行動が多くなるデッキタイプをチョイスした事がそもそものミスというべきか・・・(ぁ

今回のデッキも、以前自分が対戦した事のある人の使ったデッキを参考にさせていただきました。実際、嵌れば対戦相手は今回のミッチーのように手も足も出ねえぜ!(ぉぃ)状態になるのですが、そのために必要なキーカードが場に揃わないと今度は自分が何も出来ない・・・という非常に極端な勝負になりやすいデッキでした。(今回のデッキで言えば、《天空の聖域》《天空聖者メルティウス》に各種状況に合わせたカウンター罠を揃えてようやく完璧な布陣が出来たわけで、「たまたま今回は上手く行っただけ」と言えなくもないわけで)
しかし、一旦パターンが確立されてしまうとまさに「ずっと俺のターン!」状態で対戦相手はほぼ見ているだけでぶっちゃけやっていて面白くない・・・というのも流行らない理由なのかな、と思わなくも無いです(ぇ

さて、次回は・・・何とか2月中には上げられる、かな?(ぉぃ


遊戯王カード 【 天空の聖域 】 SD20-JP027-N 《ロスト・サンクチュアリ》遊戯王カード 【 天空の聖域 】 SD20-JP027-N 《ロスト・サンクチュアリ》
()
遊戯王 ストラクチャーデッキ-ロスト・サンクチュアリ(SD20)

商品詳細を見る



スポンサーサイト
[ 2012/01/24 22:42 ] 日記 | TB(0) | CM(6)

謎の老人「エネルギーが増えるよ!!」
夕「やったねおじいちゃん!」

とりあえず、SSの方は読ませてもらいました。通果のすばらしいヤンデレぶりに、どっちかっていうと交流を師匠というより女性として見ているエクスの姿と、前回の交流に抱きつくという行為が合わさり、なんだか変態のように見えてきました(笑)。お前ただ交流のそばにおりたいだけちゃうんかと(笑)。
そういう印象を受けました。本来ならこれをSSの方のコメントに書きこむのですが、何分最近時間が取れないため、ざっと読んだ感じになってしまい、この状態ではまともにコメントできそうにもないので本格的なコメントはあと数日ほど待ってください。

では、また
[ 2012/01/25 00:04 ] [ 編集 ]

通りすがりさん

まあ、冒頭の回想シーンは確かにそんな話でしたね(笑

感想に関しては無理をせずにそちらにも質らの事情があるでしょうし。
本編についてですが、ミッチーのヤンデレっぷりは抑え目にしたつもりだったので満足されたようで安心しました(ぉ)。あと、抱きついたのはエクス君の純真さを表現しての行為というつもりで書いたので変態言わないであげて(苦笑)。エクス君は交流への弟子入りを望んでいるのもありますが、交流の猛烈なファン(ぁ)という部分もあるので、「交流の傍にいたい」という思いも確かにあります。元々交流のラブロマンスのお相手役として出したキャラなので、ゆくゆくは「弟子兼恋人」という関係になるのでしょう(ぉ

それでは、忙しいでしょうけど無理はなさらずに。
[ 2012/01/25 22:38 ] [ 編集 ]

いやいや

 特に間延びしたとは思いませんでしたよー。どちらかといったら、エクスくんの戦略というか地盤がしっかり描かれてて、戦い方の参考になりましたし。今の段階でこれだけの強さ持ってたら、交流に弟子入りしたら…あっという間に魚住たちも危うくなりそう(笑)。
 あとは…交流がエクスくんとの付き合いでどうデレていくかも第二部の見所ですね(笑)。
[ 2012/01/26 19:18 ] [ 編集 ]

>ゆきさん

結構気になっていた点なので、そういっていただけるとありがたいですね。
意外とこういう戦略がきっちりと練られてる系のデッキの方が好まれるのかな?と思ったり(ぉ

ここからの交流の「ツン→デレ」に至るまでの過程を描ききる事が目標ですね。いや、割と真面目に、この辺はしっかりとした話を描けるように頑張りたいです(ぉ


それでは、また。
[ 2012/01/26 21:39 ] [ 編集 ]

大丈夫です。

 お久しぶりです。ブービーです。
 遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。
 私の方は、この三週間は風邪を引いてしまい、SSの感想を送ることが出来ませんでした。仕事と風邪を治すことを繰り返していたことも、遅れる要因でした。
 今後は、健康には用心して参ります。
 そして、SSの方、お疲れ様でした。今回は、巧みな戦術が展開された、深みのあるデュエルが楽しめました。REDさんが心配されたような、間延びした印象はありませんでした。むしろ、モンスターや伏せカードなどの説明が丁寧に行われており、私にとっては親切さが伝わってきました。
 そもそも、最近の『遊戯王デュエルモンスターズ』のデッキ自体が、捻りすぎたモノが多いことも原因していると思います。他のデッキと構築しようとすると、相殺や紙同然のカードが出てくるなど、デュエルをやる前に知恵の輪と格闘している印象があります。
 そんなことも、好まれない要因になっていると思います。
 それにしても、今回のエクスくんのデッキを見ていた時は、一期目のソーニャちゃんが使っていた天使属性デッキを思い起こしていました。お互い、フィールド魔法を使うところが同じですが、彼女の場合は攻撃力を前面に出した戦士属性を印象付けており、反対に彼は伏せカードの効果を最大限に使った魔法使い属性を見せつけていました。
 この二人がぶつかり合うところを見てみたくなりました。ちなみに、現在放送されているアニメ版『キルミーベイベー』には、すっかり虜になりました。
 私も、自分のSSを挙げられるように、忙しさと風邪に負けないように頑張ります。
 それでは、また今度。
[ 2012/01/30 23:36 ] [ 編集 ]

ブービーさん

お久しぶりです。そちらも仕事や体調面の問題などで何かと大変だったようですが、あまり無理をなさらずに、自分のペースを大事に過ごしてくださいね。こちらは常時不定期更新(ぉぃ)なので、コメントはいつでも大丈夫ですから(笑

デュエル内容についてはお褒めいただき、ありがとうございます。そして、最近のデュエルモンスターズのデッキ構築が多種多様かつ複雑になっているという指摘は、まさしくその通りなのですよね・・・(ぉ)。やる側としては色んなカードを使える選択肢の広さは楽しみに繋がっているという反面、どのカードを使うか取捨選択の難しさというデメリットも生じ、それが近年。ゲームとして敷居の高さに繋がっているという問題は決して無視できないと思います。

同じ種族でも以前ソーニャちゃんが使った天使族デッキは最上級モンスターを速攻でフィールドに出して場を制圧するパワータイプのデッキ、対してエクス君の天使族デッキは守備を固めて相手の攻撃を凌ぎつつ、体勢が整ったところでフィニッシャーを召喚して決める・・・とコンセプトは異なりますが、この二人がぶつかった場合は守備側のエクス君が自分のペースを構築できる前に、いかにソーニャちゃんが高攻撃力のモンスターで押し切れるか・・・という勝負になるでしょう。

アニメ版『キルミーベイベー』意外と面白そうな評判ですね。機会があれば一度見てみたいものです。

SSの感想についてはまたじっくりと読ませていただいてから、出来る限り速めにレスを出来るように努力しますね。そちらも、無理をせずに頑張ってくださいね。


それでは、また。
[ 2012/02/01 23:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://w3b598.blog.fc2.com/tb.php/28-2fc0d542








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。