スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

遊戯王GA TURN-02 【湯煙旅情】

この作品は、まんがタイムきららその他のキャラを中心としたオリジナルストーリーの遊戯王SS、という完全に書き手の趣味で構成された二次創作SSです。興味のない方、原作をいじられるのが不快な方はスルーでお願いします。


 三年前・・・
ルーマニアの北部において、一つの都市が消滅するほどの大規模な災害が発生した・・・
多数の死傷者を出したこの悲劇は地殻変動が原因による自然災害であるとされ、全てを無に返すかのような未曾有の災厄を、人々は『ゼロ・リバース』と呼んだ・・・

だが、人々は知らない・・・この悲劇が起きた本当の理由を・・・



   遊戯王GA TURN-02 【湯煙旅情】

夕「さーて、皆揃ったわねー」
芦原「温泉かー」
如月「楽しみですねー」
交流「しかし、また突然よね。いきなりこの人数で温泉旅行だなんて」
烈人「・・・まったくですよ」

  和気藹々とした雰囲気の中、何故か烈人は憮然とした表情でいた。

ふおん「どうした少年?なんだか不機嫌じゃないか?」
烈人「当たり前じゃないですか!俺、今日の集まりが温泉旅行だなんて全然聞いてなかったんですよ!?」
交流「・・・ふおん、アンタちゃんと伝えなかったわね」
ふおん「はっはっは、スマン忘れてた」
交流「スマンで済む事じゃないでしょうが・・・」
如月「え、烈人君知らなかったんですか? すいません、私てっきり烈人君も聞いてるるものだとばかり・・・」
烈人「あ、いや、如月ちゃんが謝る事じゃないから・・・。とにかく、俺はいきなり今日ここに集まってくれと言われただけで、一体どういう事なんですか・・・!?」
魚住「・・・まあ、もういいじゃないか」
烈人「・・・先輩?」

魚住「せっかくの機会には間違いないんだ。だから、そういう事は忘れて楽しもうじゃないか」 ニコリ
烈人「まあ、先輩がそういうなら・・・」
芦原「何や魚住、その子には妙に優しいやないかー?」 ズイッ。
烈人「ええっと・・・」
魚住「ああ・・・赤野、あまりこいつには近づくなよ。バカが移る」 グイッ。
芦原「・・・それってどういう意味や!?」
魚住「自覚が無かったのかバカ」
芦原「むがー!魚住のアホー!!」
烈人「(・・・どういうメンバーなんだろう・・・?」)
ふおん「ま、その内分かるさ」 ニュッ。
烈人「・・・うわっ!?」
魚住「・・・あまり驚かしてやるなよ」
ふおん「本当はもう一人声をかけたんだけどね・・・急用があってどうしても参加できないらしくて」
烈人「もう一人?」
ふおん「そ、もう一人の完璧超人を、ね」
魚住「そういえば先輩は?」
ふおん「先に行ってるって。まったく・・・彼も案外せっかちな性格してるよね」
交流「・・・ところで、現地まではどうやって行くつもり?」
夕「車で行くわよ?そのためにちゃんとこの人数が乗れるマイクロバスも借りてるし」
烈人「・・・運転は誰が?」
夕方「私がやるに決まってるじゃない。この中で運転免許持ってるの私しかいないし」
一同『・・・え?』

  マイクロバスを運転するには明らかに座席から前が見えないと思われる夕の身長を見て、他のメンバーは不安で凍りついていた・・・
  
交流「・・・皆、車に乗る前に遺書を書いておく事を勧めておくわ」
  
  交流の発言に黙って頷く事しか出来ない一同。

夕「交流、姉さんけっこう傷ついてるんだけどなー?」

  ・・・幸い、一向は何事も無く無事旅館にたどり着いたのであった・・・

【温泉旅館・氷柱(つらら)】

律太「よう、遅かったじゃねえか。待ちくたびれたぜ?」
魚住「・・・先輩?」

  旅館の前には一台の大型バイクと、一組の男女の姿があった。

魚住「先に着いてたんですね。それと、隣の君は先輩の彼女の・・・」
なずな「・・・なずな、です。・・・よかったですよね、皆さんは車で・・・」
烈人「・・・は?」

  なずなの言葉にキョトンとする烈人。

魚住「・・・赤野、先輩はバイクに乗るとスピード狂なんだ・・・(小声で)」
烈人「ああ、それで・・・(小声で)」
律太「聞こえてんぞお前ら」
烈人「・・・地獄耳ですかアンタは」
夕「まあとにかく、これで皆揃ったから行きましょう」

従業員「お待ちしておりました、9名でご予約の「ガッツ様」ですね」
烈人「ちょ・・・?」
交流「『ガッツ様』って、姉さん・・・」
魚住「ガッツ石松じゃないんだからよ・・・」
律太「OK牧場!」

魚住・烈人・交流『ブーーーッ!!』 

  デデーン!!

ジャッジ「魚住、三科品、赤野、アウトー」


罰ゲーム!


烈人「えぇー!?」
魚住「何ぃーっ!?」
交流「ちょ、待・・・」


カウンターパンチ

  ※画像はイメージです

魚住・烈人・交流『どういう事だぁ!?』 
夕「あらあら、もう皆すっかり仲良しね」
交流「そういう問題じゃないでしょう!?」
律太「まあ気にするな、それより、さっさと温泉に行こうぜ」
烈人「(アンタが言うのか・・・)」

【温泉(男湯)】
律太「さーて、風呂で男同士裸の付き合いといくか」 ヌギヌギ
魚住「・・・先輩、そういう事いうからオッサン臭いって・・・」 ヌギヌギ
烈人「(う・・・)」

  二人の脱いだ姿を見て、思わずたじろぐ烈人。

烈人「(内藤さんは見た目からガタイ良さそうだとは思ってたけど・・・魚住先輩も意外と筋肉質な体型してるんだな・・・)」
魚住「どうした赤野、脱がないのか?」
烈人「あ、いえ・・・お二人の身体付きを見てると何だか尻込みしてしまって・・・」
律太「何だ、そんな事で緊張してたのか。心配しなくても、それぐらいで男の魅力は決まらんぞ?」 バサッ。
烈人「うぅ・・・」

  渋々と脱いで二人の後を付いていく烈人。

律太「うーん、生き返るねぇ~」 かぽーん・・・
烈人「・・・オッサン・・・」
律太「・・・何か言ったか?」
烈人「・・・いえ、何も」
魚住「そうだ、赤野・・・」
烈人「・・・え?」

魚住「・・・この前はいきなり殴って悪かった」

  そう言って烈人に頭を下げる魚住。

烈人「先輩が気にする事じゃないですよ!アレは全部俺が悪いんですから・・・」
魚住「それでも、すまなかった・・・」
烈人「先輩・・・!」
律太「まあ、そう気にするな」
烈人「・・・内藤さん?」
律太「少年よ、こいつはこういう男なんだ。お前を心配してやった事でも、感情的になってやってしまった行為を正当化する事はできないんだろう」
魚住「・・・別に俺はそういうつもりでは・・・」
烈人「先輩・・・」
魚住「ただ・・・忘れないでほしかった。お前のデッキには、お前を支えてくれた仲間や、色んな人たちの思いが込められているという事を・・・だから、それを無駄にするような事はして欲しくなかったんだ」
烈人「・・・」
魚住「お前は強い・・・だから、忘れるな」
烈人「(強い・・?俺が・・・?)」
律太「・・・ところで、二人とも」
烈人「は?」
魚住「え?」

律太「・・・温泉旅行でしかも露天風呂、このシチュエーションとなれば・・・やる事は一つしかあるまい?」 ニヤリ
魚住「ひょっとして先輩・・・」
烈人「・・・覗く気かよ!? さすがにそれは・・・」
律太「お前ら・・・満足か?こんな世界で・・・俺は・・・嫌だね」
魚住「格好良い(?)台詞で誤魔化しても駄目ですって!?」

【温泉(女湯)】
芦原「・・・なんか男湯の方騒がしいな」
なずな「・・・!」 ピキーン!(NT的な何か)
如月「どうしたんですかなずなちゃん・・・えっ!?」
なずな「・・・!!」 ヒュッ!

 とっさに手近にあった風呂桶を、男湯の方に向けて凄まじい速さで投げつけるなずな。

【温泉(男湯)】
律太「・・・ガッ!?」 ガコンッ!
魚住「・・・先輩!?」
烈人「ええぇぇぇ!?」

  ジャイロ回転をかけて飛来した風呂桶は、その狙いを外す事無く律太の頭に直撃する。

律太「フッ・・・また腕を上げたな・・・なずな・・・」 ドサッ・・・

  そのまま昏倒して湯船に沈んでいく律太・・・

魚住「・・・赤野、そろそろ上がるか」
烈人「・・・ええ」

  それから後、みんな揃って美味しい食事に舌鼓を打つなど、楽しい時間を過ごした、その夜・・・

【旅館・男性陣の寝室】
烈人「・・・眠れないな・・・アレ?」

  寝付けないでいた烈人がふと辺りを見渡すと、同室のはずの魚住、律太の姿が見えない事に気づく。

烈人「(トイレにでも行ってるのかな・・・まあ、いい。どうせ眠れないし、俺もちょっと外の空気にでも触れてくるかな・・・)」

 そうして烈人が寝室から旅館の廊下へと出て行くと、その先には・・・

律太「よお、少年」
烈人「・・・内藤さん?」

-次回に続く

【次回予告】
「強くなりたい」・・・そのためにどうすればいいのか模索する烈人。
その烈人の思いに対し、律太が出した答えとは・・・

次回、遊戯王GA TURN-03 『その先にあるもの』 次回もお楽しみに!


○後書き
Q:温泉回なのに女性陣のサービスシーンが無いのはどういう事ですか?
A:その理由については非公開となっており、お答えすることができません。(11/07/23)

↑元ネタは遊戯王のとあるカードに対しての遊戯王OCG事務局の回等より(何)。いえ・・・すいません、ただ単に作者の力量不足ですとも(笑)。あと、律太さんはともかくとして(ぉ)、魚住まで筋肉質なのは原作(遊戯王)でも使われているデュエルマッスル理論による物です(ぇ
(デュエルマッスル・・・三年前まで貧弱な虐められっ子だった少年がデュエリストキングになるとあら不思議、どこに出しても恥ずかしくのないマッチョになった事から名づけられた現象。遊戯王ではよくある事)

というわけで(何)、女性陣のサービスシーンについてはゆきさんのSSにお任せしました(マテ
しかし・・・そんな事(ぁ)よりもプロローグ的な物だった第一話はともかくとして、二話目までデュエルシーンが入れられなかったのが問題か・・・。次回まで、次回までお待ちください!(ぉ
本当なら食事の場面も入れたかったけど、あまり無駄な事で尺取過ぎるのもどうかと思いカット。何か面白いネタが思いつけば入れても良かったのですが(ぉ
画像は今回初めて使ったので、これまた見辛かったらご意見お願いします。

●ゼロ・リバース
このSSのストーリーの下地になっている『遊戯王5D's』で作中のキーワードとなった単語であり、このSSでも重要な意味を持つ事件になってきます。ま、話に大きく関わってくるのはまだ大分先のことでしょうが(ぁ
ところでわざわざ発生地をルーマニアとしたのは、ある人物の出身地である事と関係しています。

●満足か?こんな世界で~
『機動戦士ガンダムOO』、第一期でのロックオン・ストラトスの名言。
・・・こんな場面で使ってしまい、ロックオン兄貴、及びファンの方々に対して焼き土下座(ぉぃ


それでは・・・次回も頑張ります!!
スポンサーサイト
[ 2011/11/16 16:49 ] 遊戯王GA | TB(0) | CM(6)

うーん・・・・想像以上に露出度少ないですねぇ(笑)。風呂場でなずなと如月が旦那の会話してるところにふおんとあーさんが絡んでキマシタワー的な展開を期待していたのですが(笑)。それはなくともせめて如月やなずなのガールズトークくらいはあるかなと思っていました(笑)。とりあえず、某海水浴客のコラ画像風に表してみました。
前回の次回が温泉回だという時の予告の時の僕の心境
温泉回ですか!キャッキャウフフってことですか!やったー!
 ↓
で、今
露出度が無いじゃないですかー!やだー!
誇張でなく、割と本気でこう思っている次第でございます(笑)。

ルーマニア「解せぬ」
ゼロ・リバース・・・なかなか物騒な災害ですね。ルーマニアに誰が関係しているかはわかりませんが、原因はなんか大体察しがつくような気がします(笑)。

到着先では律太さんの巧妙な罠にかかってしまい、3人ほど罰ゲームを受ける羽目に・・・。いやぁ、展開がいきなりすぎて意味がわかりませんでした(笑)。しかも、魚住と烈人と交流は何もしてないのにカウンターパンチとは、理不尽にも程がありやしませんか(笑)。

さて、その後待ち受けるのは残念な温泉シーン・・・やっぱりREDさんの想像する律太さんはマッチョなんですね(笑)。僕のイメージする律太さんは落ち着いた細身の紳士っぽい人なので、すごくギャップを感じます(笑)。
あと、烈人のこの
>あ、いえ・・・お二人の身体付きを見てると何だか尻込みしてしまって・・・
の後に、すごく・・・大きいです。というセリフを加えたらそっち系のセリフに聞こえるという秘密を発見しました(笑)。

そして今回で最も驚いたことは律太さんが覗きに走ったことです(笑)。この時は僕も、来たか・・・!(ガタッ、となりました(笑)。それで期待していたのですが・・・やはりいくら屈強な漢といえど、彼女には勝てないのですね(笑)。しかも、律太さんのまた腕を上げたなというセリフから察するに、しょっちゅうこういうちょっかいはかけているということに・・・(笑)。今回のはさすがに犯罪です、律太さん。

食事シーンは省かれてしまったのですか・・・。もしあったとしたら、ふおんあたりが料理やら飲み物やらに酒を盛って、みんな酔っぱらって大惨事・・・な展開になってそうですね(笑)。なずなにペコペコする律太さんとか思いつきました(笑)。

最後のシーンの寝付けない烈人と律太さんが出会ったということは、次回辺りでリベンジマッチっぽいですね。

余談
そういえば前回、僕が何故ぶちさんの画像を検索していたか気になると言っていましたね。男が画像検索するといったら、もうそれはひとつしか理由はないでしょう(笑)。

では、また
[ 2011/11/17 00:23 ] [ 編集 ]

なんって言うか……今回律太さんが大暴走ですね まさにピンからキリまでのの如く、OK牧場から覗きまで……夕も夕で問題があるんでしょうが、律太さん発言の数々のせいで……!(笑)
そして、バイクでの大暴走……! コレってもしかして某ゆかりちゃんのバイクバージョン! ちよすけの如くなずながトラウマにならずに済んで良かったですよ、真面目に! てか、魚住も知ってるって事は、もしや……!(笑)
そして、風呂桶を男湯の方に……まぁ、それだけ律太さんの扱いに慣れてる、って事なんですね……そう信じます(笑)
まぁ、正直某キョウスケの声で今回の律太さんのセリフをイメージできるか?と聞かれれば、やや微妙感も否定できませんね(ぉ

そして、遺書を書く、ですか そのセリフで夕がどんだけチビなのかが理解できるような出来ない様な……(苦笑)
こうなる事を見越して、交流は免許の一つや二つ、とっておくべき……って交流もまだ高校生だったか

にしても、なずなによってマット……もとい湯船に沈んだ律太さんではありますが、どうやら無事だったんですね
次回はその律太さんと烈人のデュエル、ですか 今回の冒頭で出た、ルーマニアだのなんだのの話はまだ先、となる訳ですね 一体どうなる事やら……

それでは次も楽しみにまってますね~♪
[ 2011/11/17 17:20 ] [ 編集 ]

>通りすがりさん
そんな力説されても・・・(苦笑)。だから前回サービスシーンには期待するなっていったじゃないですかー(笑
真面目な話、絵じゃなくて文章でそういうのを表現するのは中々に難しくて(ぁ)。だから、機会があればそれは通りすがりさんのSSで是非挑戦していただきたいかと(ぇー

○ルーマニア
『ふおんコネクト!』に詳しいと誰の事なのか想像はついて面白いのですけどね(ぉ)。まあ、追々明らかにしていくつもりなので、その辺はいずれ分かる事になると思います。

○罰ゲーム
「絶対に笑ってはいけない温泉旅館」という事でどうか・・・(何
いえ、確かに唐突過ぎる展開だったと思うので、今は反省しています(苦笑

○すごく・・・大きいです
何が大きいのかは知らないけど、多分大きいんじゃないかな(何
あと、このSSで律太さんがマッチョなのは後書きでも触れている通り遊戯王が元ネタだからです(ぇ)。あの世界は殆どの男性がマッチョで、女性は巨乳が多い素敵な世界観です(笑

○今回のはさすがに~
露天風呂といえば定番のイベントですが、この面子でやりそうなキャラが他に思いつかなかったもので(苦笑)。あ、「また腕を上げたな・・・」というのは、なずなのツッコミが、という意味です(夫婦漫才的なものだと思ってください:笑)

>リッターさん
すいません、本当に暴走させすぎました。律太さんが何か便利キャラと化していて(ぇ)、ネタに困ったらとりあえず律太さんに頼ってしまう傾向にあるもので・・・今後あまりやり過ぎないように気をつけます(ぉ

律太さんの愛車は排気量1200CCの大型バイク(ヤマハV-MAX)という設定なので、無理に飛ばさなくても慣れている人間で無い限り、後ろに乗るのは怖いという気がします・・・(ぁ)。それと、魚住が律太さんのスピード狂を知っているのは、このSSでは実は魚住もバイクを持っている設定になっているからだったりします(ぉ)。この設定はいずれ話に活かしたいですね。

正確な数値は分かりませんが、141センチメートルのふおんさんと肩を並べるぐらいの身長と言われればどれだけ小さいか予想できるというものでしょうか。・・・運転免許取れるのか、それで?(ぁ
あと、交流さんは免許を持っていないだけで(私有地でやっていた事があるので)、車の運転は出来ます。もっとも、免許を持っていない人に堂々とやらせるわけにはいかなかったのですが(笑

○まぁ、それだけ律太さんの扱いに慣れてる、って事なんですね……そう信じます
律太「気にするな、いつもの事だ」
なずな「・・・気にしてよ」

○次回
困ったな・・・実のところ次回「烈人VS律太」のデュエルをやる予定は無かった物で・・・(ぉ)。考えてもいいのですが、メインキャラ同士のデュエルは重要な場面以外であまりやらせたくないという事情もありまして・・・
まあ、デュエルシーン自体は入れるつもりなので、なるべく楽しんでもらえるような物を・・・とは思っていますが。


それでは、次回も頑張ります!
[ 2011/11/18 22:51 ] [ 編集 ]

ドタバタ

 お久しぶりです。ブービーです。
 こちらは、紅葉が地面に敷き詰められて、枯れ木が目立つ冬景色になりました。昨日は大雨だったため、台風12号の被害を受けた奈良県辺りでは土砂災害が心配されました。
 遅くなってしまいましたが、SSの方、読みました。今回は、『まんがタイムきらら』らしい、喜劇に満ちた話でした。その一方で、これから始まる出来事を予期させる内容には、期待が膨らみました。
 最初に紹介された「ゼロ・リバース」は、『遊戯王5Ds』の全ての引き金の言葉が登場したことに、少し驚きました。この作品との繋がりが感じられて、面白くなりました。
 しかし、震源地がルーマニアと聞いた時は、あの偽幼女錬金術師が、また良からぬことをしたのかと思いました。原作4巻の最後に載っていた話を思い出した際は、懐かしくなりました。
 出発前の光景は、思わず口元が緩む、和やかな空気でした。烈人くんと魚住くんの会話や、あーさんと魚住くんの夫婦漫才は、騒がしいものの、温かく感じられました。
 また、ふおんが言っていた「もう一人の完璧超人」は、大体察しが付きました。交流と双璧をなす完璧超人は、彼しかいないと思い当たりました。彼の場合は、親友の誘いもあったのでしょうから、仕方ないかも知れません。
 そんな和やかな雰囲気をぶち壊した夕先生の言葉は、交流と同様の思いを抱きました。原作4巻では、驚愕の事実が発覚しましたから、彼女とは一緒にドライブしたくないと感じました。
 交流に任せるのが上策ですが、道交法を考えれば、彼女の膝の上に座って運転するのが中策かも知れません。
 ちなみに、律太くんがバイクに乗っていると聞いて、ふおんもバイクに乗れたことを思い出しました。原作4巻最後では夕先生のバイクを乗り回していましたから、彼とバイクテクニックを争う姿も見てみたくなりました。
 そして、旅館に着いた先での律太くんの行動には、吹き出してしまいました。あの中では夕先生に次ぐ年上なのに、一番の子供に見えてしまいました。
 旅館についた魚住くんと烈人くん、交流を不意打ちで笑わせて、罰ゲームを食らわせる場面では、私自身も目が点になりました。悪戯が込んでいるのか、某番組をパクる程かと突っ込みたくなりました。
 でも、そう言うシーンをデュエルカードで表現したところは、さすが遊戯王SSだと感心しました。
 しかし、『罰ゲーム』の効果は分かりますが、『カウンターパンチ』は使い所が分かりませんでした。攻撃力が元々高いならば、守備表示にしなくても良いのにと思ってしまいました。
 露天風呂での魚住くんと烈人くんの会話は、先輩後輩らしい気遣いが感じられました。魚住くんの励ましに恥ずかしながらも応える烈人くんの態度には、くすぐったくなりました。この二人の友情には、今後が楽しみになりました。
 そんな良い雰囲気を粉々にしたり律太くんの言動は、頭を抱えたくなりました。いい加減に大人になれよオヤジ、と言いたくなりました。女性陣にとっては迷惑この上ないことですし、特に彼の恋人であるなずなちゃんは、赤面していたでしょう。
 心から楽しめる、微笑ましい物語でした。
 次回は是非とも、律太くんの男らしいところを見せてもらいたいと思います。
 それでは、また今度。
[ 2011/11/20 15:37 ] [ 編集 ]

これはこれで

まだ本格的にデュエルの場面はない二部ですが、これはこれでみんなの仲の良さが出てていいんじゃないかと。まさか温泉旅行に行くとは思ってなかったですけどね(笑)。それにしても…律太さん、今回かなりおっさん化してる気がしないでもない(笑)。
少し気になったのは、基本今回は会話メインだったので仕方ないんですが、セリフだけが長く続くと若干だれる事もあるので、情景描写や語り手の心情とかを間にちょこっと挟んだりするのもいいかなぁと、前半部分は思いました。テンポとの兼ね合いもあるんで、オイラも確固とした確証はないんですけどね。
さてさて、一部ではコメディ要員ではなかった律太さんと交流まで巻き込んでの話でしたが、見事に融合されてしまっていますね(笑)。律太さんの暴走っぷりも意外というか…まさか覗きに真っ先に向かうとは思ってませんでした。そんな律太さんを見越していたかのようななずなちんの攻撃も見事です(笑)。そこに至るまでの男風呂の会話はよかっただけに、ギャップにやられてしまいましたなぁ(笑)。
まぁ、次回に続く流れでは何とか律太さんも通常営業に戻りそうなので、ここから名誉挽回してくれると信じてます。このままじゃただの好色のOK牧場兄さんですからね(笑)。
しかし…マイクロバスを運転する夕ちゃん、ちゃんと前見えてたんだろうか?ただでさえ、自分の車ででも顔が見えなかったりするのに…(笑)
何かみんなに比べて感想が簡素で申し訳ない感じが…うぐぐ。
[ 2011/11/20 20:19 ] [ 編集 ]

感想ありがとうございます

>ブービーさん
こちらも枯葉が地面を敷き詰めていて、完全に冬の足音が近づいてきた感じですね。寒さが本格的に厳しくなってきましたが、お互いに体調には気をつけましょう。

そして、さすが『ふおんコネクト!』に詳しいブービーさんだけあって、「ルーマニアと関連がある人物」の正体には感づきましたか(ぉ)。ただ、これだけの規模の被害を起こす惨劇を起こした張本人が彼女である・・・と言う展開にはならないので、その点は安心してください。

しかし、本当にあの人はどうやって運転しているのでしょうね?どう考えても視界が確保できないと思うのですが・・・まさか実は首が伸びたりするんでしょうか?(ぇ

4巻でふおんが乗っていたバイクは先生が通勤で使っているホンダのモトコンポなんでしょうか?自分もバイク好きなのでそういう話はいつか書きたいのですが、文章力が追いついてくれるか・・・むぐぐ・・・(何

出発前・温泉内での会話共にそうですが、魚住にはまだ未熟な烈人君を先輩として導いてあげるような役割を担わせているつもりなので、その辺りは意識して書いています。なので、それが感じ取っていただけるように書けているのであれば幸いですね。
ちなみに、あーさんとの夫婦漫才はただ単に彼がツンデレなだけです(笑

○罰ゲーム
某番組をパクリました(ぉぃ)。上でも書いていますが、「絶対に笑ってはいけない温泉旅館」です(笑
『カウンターパンチ』は・・・自分も使い道が分かりませんねぇ(ぉ)。遊戯王は時々本気で「どう使ったらいいんだ?」と言いたくなるような効果のカードが出てくるので・・・(いわゆる「紙」と言われるような奴です)

○いい加減に大人になれよオヤジ
そんな事言うなよ、もっと言ってやれよ!(どっちだよ
あと、なずなっちは赤面しているというより「またあの人は・・・」と呆れている感じですね(ぇ
次回は、次回はちゃんと律太さんの男らしいところをお届けするつもりですので、どうかご安心を!(何

>ゆきさん
本当に唐突な話でごめんなさい(笑)。実は、「大会優勝の副賞で、参加人数無制限の温泉旅行があった」・・・という理由を考えていたのですが、それだと「なんでふおんがメンバー決めとんねん」という事になると思ってカットしてしまい、結局よく分からない事に・・・うん、みんな仲がよいという事でここはどうか一つ(コラ

○少し気になったのは~
この部分を自分もどうにかしたいところではあるのですが、やはりこの点は自分の文章力と語彙を上げて補っていく他に無いですね。そうでなければ、やはり台詞だけの流れと言うのはどうしても読みづらいものになってしまっていると思うので。貴重なご意見、ありがとうございます。

○律太さん独演会(ぇ
一部でも時折片鱗を見せていたりはしました(ぇー)。まさか堅物の魚住やシャイ(笑)な烈人君が覗きには走らないだろうと思ったので、結局律太さんがこんな役回りに・・・(苦笑
いや・・・うん、本当にごめんなさい(ぁ)。次回きっと「汚名挽回」してくれるはずなので!(駄目じゃん
しかし、「好色のOK牧場兄さん」って何か素敵な響きですね(何
あと、夕ちゃん先生はやっぱり前が見えてなかったけど、それでも何とかなりました(ぇ)。自分の車でも見えてないんだし、その辺は彼女なりの運転テクニックがあるんじゃないかな?・・・多分(ぉぃ


それでは・・・次回も頑張ります!
[ 2011/11/20 20:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://w3b598.blog.fc2.com/tb.php/5-4e16d10d








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。