スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

機動戦士ガンダムAGE、25話「恐怖のミューセル」

251c8be6-s.jpg
↑なんかメイン装備になってるダブルバレット



今回も色々突っ込みどころは多かったのですが、それでもロマリーがいないとこんなにもストレスを感じずに見れるという事がよく分かりました(ぇー


○前回のあらすじ
AGE-2の新たなウェア、ダブルバレットの威力でアセムはゼハートたちヴェイガンの部隊を撤退に追い込む!

しかし、その勝利もゼハートからは「ガンダムの性能に助けられたな」と言われてしまう・・・
だが、「対Xラウンダー戦を想定した装備」でもあるダブルバレットの性能を発揮して勝利したのなら、それは十分にアセムの実力で勝ったと言っていいと思うのだが、そんな「俺がフリットに勝てなかったのはクロノスが俺についてこれなかったからだ!」子供の駄々レベルの言い訳をした馬鹿兄貴と同じクラスの負け惜しみのような事を言われても困るのだが・・・
無理やり宇宙世紀(UC)ガンダムに例えるなら「オールドタイプ(OT)がニュータイプ(NT)対策のMSの性能を発揮してNTに勝利を収めた」というぐらいの快挙(あまりそういう例は見ないが・・・)であり、マシンの性能を生かすのも実力のうちであり、十分に誇っていい事だと思うのだが・・・

というか、こうなるとアセムは本当にどうしたらいいのか分からん。
ビッグリング防衛戦では、特訓の甲斐もあって周りと比べれば十分な戦果を挙げたのにもかかわらず、結局「Xラウンダー」という「才能を持った相手には敵わない」と言う事を思い知らされるだけの結果に終わってしまったし、前回新しい装備が追加された事でようやくその「Xラウンダー」相手に一矢報いたのに、「自分の実力で勝ったわけじゃないだろ」と言われてしまう・・・

つまるところ現状、アセムの努力は徹底的に否定されてしまっているのである。その結果、彼は更なる力を求め、自分を追い込んでいくばかりである。これじゃ、彼が精神的に追い詰められていく一方なのも仕方ないとしか言えないのだが・・・


○冒頭
えー、今回は序盤でキノコ頭オブライト中尉レミちゃんの一世一代の告白シーンがあったのですが・・・
ちょっと、見るに耐えなかったので積極的にスルーします(ぁ


5c96ddcd-s.jpg
↑うん・・・その・・・ゴメンナサイ(ぁ


鹵獲したヴェイガンのMSを調査するフリットたち。MSの方は「地球圏のMS以上の技術が使われているらしい」事しか分析できなかったものの、死亡したヴェイガンの敵兵士が付けていたヘルメット・ミューセルは、「装着者の脳に強力な電磁波を送り込む事で脳の「X領域」を強制的に活性化させ、人工的に「Xラウンダー」の能力を引き出す物」であるという事が判明する。しかし、装着者が死亡している事からも分かるように、人工的に「Xラウンダー」の能力を引き出させるこの機械は、装着者の脳に多大な負荷を与える物のようであり、おそらくは良くて廃人と言えるぐらい危険なシステムであるのだろう・・・


1d9842f1-s.jpg
↑狂気のシステム・ミューセル


しかし、力を求め続けるアセムは、ミューセルを使用しての戦闘を行いたいとフリットに願い出る。
だが、最悪死に至る危険があると分かってる物の許可を出す司令官などいようはずがなく、当然ながらそれは却下されてしまう。それでも、自らが欲してやまない力が手に入る可能性のあるミューセルという“ 禁断の果実"への欲望を、アセムは振り払う事ができずにいた・・・

○ヴェイガンサイド
その頃、ゼハートは通信で『ビッグリング攻略作戦の失敗』という視聴者にとっては今更な失態をヴェイガンの最高指導者・イゼルカントに報告していた。
もしかしたら、あっちから通信かけてきたのかもしれないけど(ぁ

「司令官としてどのような処罰も受ける覚悟です」というゼハートに対し、イゼルカントは「ビッグリング攻略作戦で入手できた連邦軍の規模・展開力などの情報により、新たな侵攻作戦の計画を立てることができたから無駄ではない」と言い、ゼハートの失態を許す。だが、既に次の計画は動いている。今度こそ作戦の失敗は許されない・・・!

絶対に失敗するなよ、絶対だぞ!(※前フリ)

○同じ頃、マジシャンズ8の皆さん


ab783566-s.jpg
↑何人いるんだろうか・・・?


何か人数が減ったと思ったらまた8人に戻っているような気がして、ひょっとして『マジシャンズ8』というのはAKB48みたいなユニット名を指すのではないかと疑問に思えてきた(ぁ)。きっと補欠要因とか卒業してソロデビューするメンバーとかいたりするんだろうな、うん(何

『マジシャンズ8』のメンバーたちは、先の戦いで戦死した仲間の敵を撃つための出撃要請が許可されない事に、それぞれ憤慨している様子であった。作戦を決定する権限は司令官であるゼハートにある以上は彼の許可が下りないからには仕方ないのだが、彼の事を「あんな若造」「無能な司令官」見下している様子のある『マジシャンズ8』のメンバーたちは、ゼハートの指示よりも『自分たちのプライド』を優先しようとする。

そこに乱入する馬鹿兄貴

だが、そもそも俺様主義で命令を聞くつもりなどハナっから無い彼が『マジシャンズ8』たちを静止する事など期待できるはずも無く、それどころか「俺も付いていくぜ」一緒に無断出撃しちゃう始末・・・


52805657-s.jpg
ゼハート「・・・部下と馬鹿な身内が言う事きいてくれなくて辛いです・・・」


○戦闘パート


b9bf65e7-s.jpg
デシル「さあ・・・遊ぼうぜぇ・・・!フリットォォォォ!!」


成長しても、精神年齢は昔のままっぽい馬鹿兄貴に何か安心だ!(ぇ

しかし、フリットの指示で的確に艦砲射撃を行うディーヴァの前に、デシルさんは近寄る事さえできません。それどころか「お前の動きは読めている!」と言われてしまうほどの醜態を晒してしまう事に・・・。な、なんか出てくるたびに駄目になってませんかアナタ!?(何
「前回のあらすじ」でも書いたように「フリットに勝てなかったのはクロノスが俺についてこれなかったからだ!」前回クロノス「徹底的に改良させた」と言ったはずだ。それなのになんですか、この無様な姿は?というか、どちかといえば砲撃戦仕様という感じの機体であるクロノスで無理に接近戦を挑もうと言う時点で何か間違っているだろうに・・・
まあ、あまり苛めてあげると可哀想なのでこの辺で・・・(ぁ


60e86d6f-s.jpg
デシル「俺の実力はこんなもんじゃない・・・!(涙)」


○アセムとミューセル


d65fddc1-s.jpg
↑ミューセルを持ち出そうとするアセム


そんな頃、馬鹿兄貴と違ってちゃんと頑張ってる(ぉぃ)『マジシャンズ8』部隊の前にウルフたちが苦戦する中、アセムはミューセルが保管されている部屋の中にいた。・・・あの、超危険物だというならもう少し厳重に保管してください・・・。せめて部屋の中に入られないようにロックかけるとかさ・・・
それに気づいたディケは、ミューセルを装着して出撃しようとするアセムを当然止める。そんなディケの言う事に納得できないアセムに対し、ディケはミューセルを鍵の付いたケースに直して(最初からそうしろ)、アセムに出撃を促すとそのまま部屋を立ち去ってしまう・・・

だが、そんなアセムのとった行動は・・・


c765335e-s.jpg
↑GNバールのような物(何

(ケースを)粉砕!玉砕!大喝采!(何


なお、反抗を行った少年Aは「これがなきゃ俺はXラウンダーには・・・」などと意味不明の供述をしており、弁護側は被告人に対し責任能力の有無を・・・

しかし、ミューセルを装着して出撃したアセムは確かに「Xラウンダー」と同等の反応力を発揮し、『マジシャンズ8』部隊の猛攻を受けて撃墜寸前だったアリーサたちの危機を救う・・・!
ちなみにこの時、前々回はパワー特化のタイタス装備で出撃していたアリーサたちのアデルは、今度はスピード十時のスパロー装備で戦闘を行っていたのだが、何ら持ち味を生かしきれてなかったのはまったく同じで、換装システムの意義を本気で問いただしたくなるのだが・・・



72d8b46a-s.jpg
↑使いこなせないならノーマルでいいじゃん・・・


アセムがミューセルの力に頼って『マジシャンズ8』「Xラウンダー」たちを倒していた頃、ウルフは激戦の末に辛うじてではあるが、「Xラウンダー」を自力で撃破していた!
システムの力など借りなくても、己の培った経験と技量で十分対抗できるという事を、ウルフは示したのだ!


b9394ad9-s.jpg
ウルフ「これが・・・オレの力だ・・・!」


○戦闘終了後



e3179985-s.jpg
↑「ミューセル」の禁断症状によって倒れてしまったアセム



ミューセルが脳に与える負荷により戦闘の途中で倒れてしまったアセムは、アリーサのアデルに抱えられる形で何とか帰等する・・・(アセムをアリーサが抱えているようで地味に萌え:ぉ

医務室に運ばれたアセムに、ウルフは「そんなにXラウンダーになりたいか」と問う。「そうしなければ、父さんにだって追いつけない」と返すアセムに対し、ウルフは「それでいいじゃないか」と答える・・・。


45f27c15-s.jpg



「言ったはずだ、本当に強い奴はここ(=心)が強い奴だって」
「どんなに強くても、心が腐ってちゃ意味が無いんだ」
「俺は今回の戦いでXラウンダーを落とした。お前だって、この前の戦いでガンダムでXラウンダーを墜としたじゃないか!」



・・・改めて思うのだが、この辺の台詞は本来「父親」であるフリットが言ってあげなければいけない事だったんじゃないか!?
確かに、今のフリットは連邦軍の司令官を務める立場であり、アセムの上官として厳しく接しなければいけないのは分かるが、それでも、こういう時ぐらい父親としての勤めを果たしてあげても良かったんじゃないのか!?
フリットがアセムに言ったのは「これからは上官の命令には絶対従え」という言葉だけであり、そこには倒れた息子を心配する様子は微塵も感じられない。前々から思っていた事ではあるが、フリットは、アセムの事をただ単に「復讐のための都合の良い駒」のようにしか考えていないのではないだろうか・・・?

結局、ウルフの「お前は「Xラウンダー」じゃなくて超強いパイロット、スーパーパイロットアセム・アスノになれ!」という激励で元気を取り戻したアセムは、そんなウルフの優しさに思わず涙ぐんでしまう。・・・しかし、本当にコレで良いのか?


7978d87f-s.jpg
↑それでも、久しぶりにこの笑顔が見られて良かった


○次回


e0a8474f-s.jpg


↑の質問に電話したら、正解してるのにゼハートさんに「そんな覚悟で当選すると思っているのか?」罵られたそうです(マジ


ちなみに不正解である3番(ウルフさん)と答えたら「こういうのは全員にかけるんだよ!」説教されたそうです(マジ

・・・力の入れどこ間違ってるだろ、絶対。



メガサイズモデル 1/48 AGE-2 ガンダムAGE-2 ノーマル (機動戦士ガンダムAGE)メガサイズモデル 1/48 AGE-2 ガンダムAGE-2 ノーマル (機動戦士ガンダムAGE)
(2012/03/10)
バンダイ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[ 2012/04/01 21:12 ] ガンダム | TB(0) | CM(5)

ごめんさいー

書き込みしようと思ってたら二度寝してしまいまして…
夜勤から帰ったら、急いで書き込みします…ううう。
[ 2012/04/03 21:01 ] [ 編集 ]

ゼハート「ガンダムの性能に助けられたな、勝ったと思うなよ・・・」(意訳)
アセム「もう勝負ついてるから」
と、答えられるくらいアセムも謙虚ならばきっとここまで悩まなかったと思うのです(笑)。

おぉ、マジシャンズ8ってAKBみたいなとこだったのですか(笑)。卒業してソロデビューする奴も出てくるとしたら、きっと戦闘に出れないくらいの最底辺の補欠要員の中からははAVデビューする奴も出てくるということなるというわけですね(笑)。

>「俺がフリットに勝てなかったのはクロノスが俺についてこれなかったからだ!」
なんか見てる限りクロノスが俺について来れてないというより、おめぇがクロノスについて行けてねぇだけじゃねぇの?と思うのですがどうなんでしょうか。体は大人頭脳は子供のようですし(笑)。きっと徹底的に改良させすぎてレベルが高くなりすぎて性能持て余すようになって逆について行けなくなったのではと(笑)。
それはそうと22話でデシルがゼハートにお持ち帰りされてるシーンはたまたまTVで見たんですがシュールでしたねぇ(笑)。そしてそのままつかんで持っていって、そんで最終的にデシルの機体が爆発してデストローイとかなるのかと思いました(笑)。

そういえばいつもいつも思うのですが、このアニメはギャグアニメなんですか(笑)?それも主にシュールに笑わせるタイプの(笑)。今回もアセムが超危険物をあっさり持ち出すなど、毎回つっこみどころが満載なシーンが多い気がするのですが(笑)。

それはそうとお久しぶりです。最近忙しくてですね。来ようと思えば来れたんですがねぇ。19話のところで何回かコメントしにいこうと思っていたり。その記事でワニムのような新人がいるか(問題児的意味で)とか書こうとひっそり企んだりしていたりしていたのですが、それ以上に疲れていたものでここに来る気力と時間を全部睡眠時間に回してたのです(笑)。でそれの繰り返しで今に至ります。最近はようやくそれからも解放されたのですが、次は来るのが面倒くさくなりまして(笑)。でも行かないなら行かないでで、今度は寂しくなってきたのでまた来ました(笑)。
SSのコメントは後で書かせてもらいます。ちゃんと両方ともそれぞれ別に書きますから安心してください(笑)。

では、また
[ 2012/04/04 01:36 ] [ 編集 ]

感想ありがとうございます

>ゆきさん
いえいえ、そちらも忙しいと思うのであまり無理なさらなくて大丈夫ですよ。
ゆっくり休まれてください~。

>通りすがりさん
お久しぶりです。そちらもそちらで自分の予定があるでしょうし、コメは本当に余裕のあるときで結構ですので。
SSの方もまた時間が取れるようになってから読んでいただければ、と思います。

○。きっと徹底的に改良させすぎてレベルが高くなりすぎて性能持て余すようになって逆について行けなくなったのでは
その可能性は考えなかった(ぁ)。何事もやりすぎは厳禁って事ですね。
・・・でも、そうなるとやっぱりデシル兄さんの腕が心配になってくるのですが(ぁ

○22話
他に方法が無かったとはいえシュールな絵ではありましたね(笑
デストローイ、されるとゼハートさんも危ないのでそれはやめてもらわないと(ぁ

○コレは何アニメ
そう言われると辛いところではあるのですけどね・・・(ぉ
作風や製作者の発言などで何かと批判に晒される事が多い本作ですが、自分は一応れっきとした『ガンダム』のストーリーの一つとして楽しんで見ている、というつもりではいます。
ただ、やはり突っ込みどころというか、見ていて気になる部分も多いので、そういうところは感想でもネタ要素が強くなるのも事実ですけど(ぁ

あと、2chではないので「AVデビュー」とか、そういう単語はあまり使わないでいただけるとありがたいかと・・・(ぉ


それでは、また。
[ 2012/04/04 16:29 ] [ 編集 ]

ということで、

 遅ればせながら感想をば…
 
 どんどんアセムが追い詰められていく…主人公は葛藤したりする事が多いですが、ここまで来ると気の毒にすら思えてきてしまいますね。親父は突き離し気味、ヒロインはライバル擁護、自分の努力はなかなか報われない…とあっちゃあ、普通だったらもっと荒れてしまうでしょうねぇ。
 というか、アセムは悩んで励まされて立ち直って、そしたらまた壁に…を繰り返し過ぎのような(笑)。2章も進んできたのに、いまだにそれなのはどうなのかと思いつつ…やっぱ脚本のあいつがダメなのかな…
 
 キノコ頭さん、玉砕の件…うん、まぁ、触れないでおきましょうか(笑)。某サイトでは、これが逆に死亡フラグなんじゃないかと言われてました(笑)。レミはいいキャラだから3章にも引き継がれてほしいんですけどねー。キノコさんは大丈夫かな?
 
 マジシャンズさんたち、ウィキペディア見ても名前ある人8人いねぇ(笑)。やっぱり補充制なのか、それとも単に出てきてないだけなのか…どっちにしても噛ませ犬的扱いは避けられないようですね。しかもそこに2章の噛ませ犬筆頭デシルが絡んでくるもんだから、そのフラグはビンビンに立ちまくり(笑)。
 ホントにねぇ、この兄貴はフリットへの恨みというか因縁があるのは分かりますが、いい加減学習したほうがいいわ。ゼハートも内心、自重してくれと思ってるんだろうな…機体強化してもダメ、あげくフルボッコですか…それでも撃墜されないあたり使い勝手がいいんでしょうね、脚本家には(笑)。
 
 一方、アセムは自分の強化のために危険物の使用を狙って、案の定止められるわけで…そりゃあここまで追い詰められたら何でもすがりたくなりますよねぇ。まぁ、ディケに止められたところで止まるわけもなく(笑)。まさかの破壊行動(笑)。というか、簡単に壊されやすい物に入れるなよ、ディケ…
 そしてウルフさんたちは…まぁ、ウルフさん個人はともかく、アリーサとマックスは味方サイドの噛ませ犬に成り下がってるような気が。アセムの引立て役がいないといけないのは分かりますが、こう毎回毎回苦戦ではアデルの性能やパイロットの能力にも疑問が出てきそう…他に人員はいないのか。ま、それはヴェイガンサイドも一緒か(笑)。
 ウルフさんは特殊能力もないのにXラウンダー相手に勝ちましたねー。相手が女じゃなくて男だったらよかったのに…というのは戦場ではご法度ですね。しかし、これでマジシャン4~5人は確実に消えたわけで…やっぱあっちも人材不足だなぁ(笑)。
 
 結局はミューセル持ちだしで倒れてしまうアセム…これで何度目の違反行為だろう(笑)。フリットからは怒られるわ自身はまた不甲斐なく感じるわで、また同じパターン化しそう…と思ったら、ここで再びウルフさんの助け舟キター(笑)。これも何度目でしょうね…
 ホントに超人的能力を持ってなくても強いウルフさんの言葉には説得力がありますね。そういう立場にあるからこそ、本来フリットが言うべきセリフを言わせたいのかもしれません。まぁ…おかげでフリットが父親失格の烙印を押されそうな気がしますが(笑)。
 
 さて、いくらなんでもここまで来たらもうアセムの葛藤はいいでしょう…迷いも悩みも吹っ切ってゼハートに向かって行ってほしいですねぇ。という事で、ロマリーはもう邪魔しないで(笑)。
[ 2012/04/04 17:33 ] [ 編集 ]

>ゆきさん

感想ありがとうございます。コメントをもらえるだけでもありがたいので、時間のある時で大丈夫ですよー。

実際のところアセムの「葛藤」を描くにしても、一話にかけられる時間が限られてる以上はもっとうまい進め方があったんじゃ・・・と思ってしまうのが。視聴者からしたら「またか・・・」と思うような展開を繰り返されても、ねぇ・・・

キノコさんは「告白を断られる事で逆に死亡フラグはなくなったのでは?」と、無理やり良い方に解釈してみる(何
一つだけ言いたいのは、皆が見てる戦艦のデッキ内で告白はやめた方が良かったんじゃ・・・という事(ぇ

マジシャンズ8は実のところどういう構成になってるのかいまだによく分からないのが・・・公式HP見てもリーダーとサブリーダーの名前しかありませんし、一番目立ってるっぽい紫色の髪の女キャラの名前すら載っていないのはどういうことなのかと・・・(ぉ
デシル兄さんは完全に噛ませ犬が定着してしまったのが・・・いや、もはや「噛ませ」として扱われてるかも怪しいですが(ぁ)。こんな扱いなら出番無い方が本人にとっては幸せなんじゃ・・・って感じですし(ぇ

ミューセルはやはり「その前にそんな簡単に持っていけるような場所に置いておくなよ・・・」と突っ込まれても仕方が無い杜撰な管理方法だったのがちょっと・・・。しかし、ディケさんもまさかアセムがバールのような物でぶち壊して持っていくほど危ないとは思ってもいなかっただろうに(ぇ
アリーサとマックスは元々新米だから弱くて当然だとも言えるのですが・・・じゃあ何でそんなパイロットが配属されるのかという疑問が・・・。上から煙たがられてるという説明であるウルフさんが隊長を勤めるように、ディーヴァ自体が厄介者扱いされているという説もあるかもしれませんが、その辺はフリットの権限で何とかなりそうな気がするんですけどねぇ・・・

明確にアセムが命令違反の行為を犯したのはこれで三回目か・・・いくらなんでもやりすぎだって。まあ、もう残り話数少ないんだし、これ以上葛藤を続けられてもストーリーが進まないのが・・・(ぁ)。本当にロマリーはもう話の邪魔をしないで、って思います。

>超人的能力を持ってなくても強いウルフさんの言葉には説得力がありますね
そうなんですよねぇ・・・。結局、アセムが「自分には能力(=Xラウンダー)が無い。だから誰にも認めてもらえない」と考えてるこの状況で、その何よりも欲しがってる才能の持ち主であるフリットが父親として何か言ったところで、アセムからしたらまるで高いところから物を言うような言動に聞こえてしまい逆効果になってしまいそうなのが・・・(これはゼハートにも言える事なのですが)
でも、それだとやはりフリットに父親としてできる事は何も無かったのか?と考えてしまい微妙な心情なのですが・・・(ぁ


それでは、また。
[ 2012/04/04 18:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://w3b598.blog.fc2.com/tb.php/53-dea12912








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。