スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

遊戯王ZEXAL 個人的メモ(~53話まで)

ようやくルールが不明だった「デュエルコースター」が終了し、次回からは普通の1VS1のデュエルが繰り広げられる事になるようなので、アニメの内容も分かりやすくなってきそうな(ぉ)遊戯王ZEXAL


213_1.jpg
↑次週から一騎打ちが繰り広げられる事になるであろう、現在のストーリーのメインキャラの面々。上からⅤ(ブイ)、ドロワ、トロン、Ⅳ(フォー)、シャークさん、天城カイト、遊馬、ゴーシュの8人。


以下、現在の状況がどんな話になっているかを個人的に纏めた物。ネットの感想などで得た知識も多いため、間違っている箇所もあるかもしれないが(ぁ

(※あくまで個人的に纏めた物なので、たぶんにチラ裏です)



元々のストーリーラインとしては主人公・九十九遊馬(つくも ゆうま)が偶然、謎の精霊世界の住人・アストラルの封印を解いてしまい、その際に彼の記憶と共に飛び散ってしまった『No(ナンバーズ)』と呼ばれるカードを、遊馬はアストラルの記憶を取り戻すために共に集める事になる・・・という物だった。

しかし、その過程でアストラルの済んでいた精霊世界・アストラル界(そのまんまですね)を「邪悪な世界」と呼び、アストラルとはまた違う目的で『No(ナンバーズ)』を手中に収めようとする謎の科学者Dr.ワイリーDr.フェイカーと、その配下であり物語の舞台となる街の主でもあるMr.ハートランドや、尖兵として『No(ナンバーズ)』を集める主人公のライバル格の強敵・天城カイトらの勢力と敵対する事になる。
しかし、Dr.フェイカーたちが『No(ナンバーズ)』のカードを集める理由はいまだに謎であり、カイトに至っては謎の病気にかかり、半ば人質同然の身でDr.フェイカーたちに捕らわれている弟のハルトを助けるためだけに『No(ナンバーズ)』を集めさせられているという。(カイトはこれを「俺は悪魔に魂を売った」と表現している)
動機はまたもや不明であるが、そのカイトを出し抜こうと画策するゴーシュや、逆に『No(ナンバーズ)』を集めるために自分の身体を酷使するカイトを心配し力になろうとするドロワといった人物も存在し、彼らの勢力は一枚岩というわけではないようである。
(また、Mr.ハートランド「ハートランドの代表」だからそう名乗っているだけで本名は不明であり、本当にDr.フェイカーに忠誠を誓っているのかは疑問に感じる描写もある)

その上で、さらに今度はDr.フェイカーたちを「家族の敵」と呼ぶ謎の少年・トロンと、その「家族」であると説明されている長兄のⅤ(ブイ)、次兄のⅣ(フォー)、三男のⅢ(スリー)ら一家の勢力が出現。彼らもまた独自の目的で『No(ナンバーズ)』のカードを集めており、それにより遊馬アストラルたちとも結局は敵対する関係となっている。
だが、トロン一家が『No(ナンバーズ)』を集めようとする理由はやはり謎に包まれており、その為に謎の力を持っていたハルトをさらってその能力を自分の物にしようとしたり、「No(ナンバーズ)を回収した後に必要になる人材」として主人公のライバルであるシャークさんこと神代凌牙(かみしろ りょうが)『No(ナンバーズ)』のカードを手渡すなど、不可解な行動も多い。
また、「一家の長」であると説明されているトロンがどう見ても外見も言動も一番幼い子供でしかなかったり、Ⅴ(ブイ)Ⅳ(フォー)Ⅲ(スリー)ときてがいないのも謎ではある。(が一人だけ「ファイブ」ではなく「ブイ」なのも謎であるが・・・)

現在はMr.ハートランド「No(ナンバーズ)を持つ者たちを集めるために」開催したというWDC(ワールド・デュエル・カーニバル)の最中、純粋に大会に参加しただけの遊馬を除く各勢力がそれぞれの思惑で行動している状態であるが、とにかくその「目的」が不明であるため、「謎」が「謎」を呼ぶストーリーとなっているのが現状である。

今はこれらの「謎」が少しずつ明らかになっているところではあるが、もしこれが『ZEXAL』を見ようという人の助けに僅かでもなってくれれば、嬉しい限りではある(ぉ



遊戯王ゼアル 「デュエリストカードプロテクター 遊馬&アストラル」遊戯王ゼアル 「デュエリストカードプロテクター 遊馬&アストラル」
()
遊戯王ZEXAL カードサプライ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[ 2012/05/01 20:52 ] 遊戯王 | TB(0) | CM(4)

実に面白い。

 お久しぶりです。ブービーです。
 REDさんの方に訪れるのが遅くなってしまい、すみませんでした。
 こちらは、5月の大型連休前は多忙を極めており、疲労の溜まる一週間でした。外は初夏を感じさせる、青葉の生い茂る木々が目に入りました。
 それがあまりに羨ましく感じられて、その若さを分けてほしいと思える程でした。
 今はGW中で実家に帰省していますが、友人や田舎の宴会に行く状態になりました。楽しくはありましたが、別の意味で疲れてしまいました。
 そして、今回の『遊戯王ZEXAL』まとめは、時々見ている私にも分かり易く記されていました。むしろ、急ぎ足で見ていた私にとっては、思い返すことが多く感じられました。
 この作品では、主人公である九十九遊馬がアストラルと邂逅することで始まる物語ですが、これはアニメ『遊戯王』の伝統を引き継いでいるように感じました。一期目は「もう一人の僕」で、二期目は主人公の相棒『羽クリボー』でしたが、それを引き継いでいることが伺えました。
 また、ライバル達も魅力ある人物を揃えていました。
 シャークは遊馬のライバルであり、一定の理解者である点が興味深く見えました。さらに、敵対関係であるカイトやゴーシュ、Ⅲ(スリー)もデュエルで遊馬を知った、信念あるデュエリストでした。
 それ以外の人物も、惹きつけられる面を多く持っている点で、この作品を彩っていました。
 それにしても、『遊戯王ZEXAL』が生み出した「エクシーズ召還」と「No(ナンバーズ)」とは、素晴らしいモノを感じました。特に、『カオスNo.39 希望皇 ホープレイ』や『ネオ・ギャラクシー・フォトンドラゴン』は強大な能力を持っていました。
 今後の展開が、楽しみになってきました。
 SSとガンダムの感想は、この後に記します。遅くなってしまい、申し訳ありません。今少し、お待ち下さい。
 それでは、また明日。
[ 2012/05/03 00:17 ] [ 編集 ]

ブービーさん

お久しぶりです。確かに業種によってはGW本番より、それを迎える前の準備で忙しいという事もあるのでしょうね。相当に疲れの溜まる毎日を過ごされていたかと思いますが、そんな中でコメントいただき、ありがとうございます。
本当に、疲れている時は自然や動物の元気ささえも羨ましいと感じるときがありますよね(苦笑

今回の記事は「個人的メモ」と書いているように、最近になって見始めた自分用に纏めた物になりますね(ぉ)。途中から見てもそこまで違和感の少ないアニメではありますが、最低限のストーリーラインぐらいは確認しておいた方が見やすくなるかと思いまして。

遊馬とアストラルのように、「主人公」と「その相棒」というのは確かに遊戯王の伝統といえる部分ではありますね。(ただ、『5D's』だけはそういった物が見当たりませんが・・・ある意味、「原点回帰」と言えるのかも:ぉ)

そして、シャークさんを始めとしたライバルキャラに個性的かつ惹かれる人物が多いのもこの作品の魅力ですね。この点で改めて視聴を再開するようになったところもありますし(ぉ

「エクシーズ召喚」から生み出される多くのモンスター、特にブービーさんが挙げた2体のモンスターはその見た目も効果もインパクトの強いもので魅力を感じるモンスターですね。特に最近見た『超銀河眼の光子龍 ( ネオ・ギャラクシーアイズ・フォトン・ドラゴン)』の召喚シーンには痺れる物がありましたし。

そちらも多忙な日々を過ごされていることは理解していますし、感想などはまた時間のあるときにゆっくりで構わないですよ~。忙しい時は、自分の生活を何よりも優先されてください。


それでは、また。
[ 2012/05/03 17:31 ] [ 編集 ]

まったく

見ていないオイラからすると、キャラの特徴とか話の流れとか掴むうえでは役に立ちますよー。それにしても、序盤は街の仲間とかとデュエルしてたはずなのに、今は訳の分からない乗り物に乗ってチームバトルしてたり…やっぱりどんどん話が大きくなっていくんだなぁ(笑)。
 
それにしても…遊馬の画像、何か目が…(笑)
[ 2012/05/03 20:41 ] [ 編集 ]

>ゆきさん

コメントありがとうございます。
まあ、だからって見るのを強制するわけでもなく(ぉ)。気が向いた時の参考にでもしてくれればいいですよー。
ZEXAL、まだ世界の危機とか宇宙の存亡とかかかっていないので話としてはスケールの小さい方ですね(ぇ)。今までがそうだったように、いずれはそうなるのでしょうが(ぁ

遊馬の顔は罠カードでダメージ受けてたりした時の顔だったから仕方ないかと(笑


それでは、また。
[ 2012/05/04 23:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://w3b598.blog.fc2.com/tb.php/72-73c8c0e5








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。