スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

悩み中

まあ、いつも通りSSが中々進まないっていう事になんだけど(ぁ

今回悩んでいるのは、前編で先延ばしにしてしまった、タイトルにもなってる主人公の「覚醒」シーンと、それに絡めた遊戯王の鉄則である「仲間との絆」を強調するシーンの二つなんだけど・・・この辺を上手く描くのは、本当に難しい(苦笑)。このペースだと目標だった今月以内に後編のアップは厳しそうかな・・・(ぁ

ただ、それだけ大事な場面になると思ってるところなので、その分力を入れて書けるように頑張りたいですね。

スポンサーサイト
[ 2012/05/19 21:22 ] 日記 | TB(0) | CM(4)

ゆっくり

納得のいく話づくりを考えるという面では、仕方ない事だと思いますよ。中途半端に作ってしまうと、後々反省したり後悔する事もありますからね。じっくり熟成させてからでも遅くはないと思います。
肩の力を抜いて、自分なりに納得して出来上がった話をゆっくりと待ってますー。
[ 2012/05/20 15:04 ] [ 編集 ]

何時も通りに。

 お久しぶりです。ブービーです。
 こちらは、陽気な晴天に恵まれる一方で、薄い雲に覆われる日もある、不安定な一週間でした。幸い、雨に泣かされることはありませんでしたが、気分の優れない日々でした。
 今回の件は、紡ぎ出そうとするモノが難しいので、悩むのも仕方ないと思います。むしろ、REDさんがこの作品に強い思い入れを持っていることを感じ取りました。
 ここは、少しの間、肩の荷を下ろして、気持ちを和らげるのも良いかもしれません。
 私の方も、早くSSやガンダムの感想を出せるように、気力を取り戻します。
 それと、これは助言になるか分かりませんが、この作品のテーマである「仲間との絆」は、主人公達の「覚醒」に大きく関わる部分になると思います。その核となる「仲間」は、自分を見守っている「友人」であり、遠くにいても自分を思っている「愛する人」、そして、自分の側で共に闘ってくれた「カード」であるように感じます。
 つまり、、REDさんがこれまで通りに物語を描いていけば、熱く面白いモノに仕上がるでしょう。
 それでは、また後で。
[ 2012/05/20 15:42 ] [ 編集 ]

あー、コレは激しく共感出来るんですよねぇ…… 私も今のひだまり~本編が、上手く文章に出来ず……
私も後編は今月中に更新したい所ではありますが、コレは難しい……と言わざるを得ないのも、事実……

とりあえず、お互い無理せず頑張りましょうね~
[ 2012/05/20 17:49 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます

>ゆきさん
そうですね、やはり後から「やっぱりああすれば良かった・・・」と後悔するよりも、今じっくり考えて、その上で納得のいくものに仕上げた方がいいですしね。

まあ、お言葉に甘えて方の力を抜いて頑張りますよー(ぉ

>ブービーさん
お疲れ様です。雨に悩まされる事は無くても、すっきりしない天気が続くと気分も晴れない物ですよね。こちらも、今週はそんな感じの天気が多かったです。
感想やコメントについてはいつも通り無理をなさらずに。ブービーさんの都合のいい時だけで構いませんよー。

せっかく自分の好きに書いている物ですからね(ぉ)。やはり、納得のいくないように仕上がるように頑張りたいとは思ってはいるのですが・・・中々、上手くいかないものです。ただ、それで悩みすぎでもいい物は思い浮かばないので、どうにか肩の力を抜いて取り組みたいとも思っています。

「仲間との絆」というのは遊戯王の不変のテーマでもあるので、この点を上手く烈人君の「覚醒」に絡めて生きたいと思っています。仲間や愛する人、自分が信じるカード・・・彼を支える「絆の力」を、上手く物語りに組み込めていけるように・・・
アドバイスありがとうございました。これを無駄にしないように、どうにか努力していきたいと思っています。

>リッターさん
頭の中でイメージは出来ていても、それを中々文章に出来ない悩みはありますよね(苦笑

そちらも中々思い通りに行かず苦労しているかと思いますが、お互い、無理をせずに頑張りましょう。


それでは、また。
[ 2012/05/20 19:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://w3b598.blog.fc2.com/tb.php/84-57f60342








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。