スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

機動戦士ガンダムAGE、34話「宇宙海賊ビシディアン」

連邦のエース(今は海賊だけど)が帰ってきたッ!
どこへ行っていたンだッ!スーパーパイロットッッ!!
俺達は君を待っていたッッッ!!!
アセム・アスノの登場だ――――――――ッ!!!!



9fc05ecc-s.jpg
↑アセム復活ッッ!アセム復活ッッ!

○アセム萌え(ぇー


d04b155a-s.jpg
↑OPも変わったよ!


今回の話で、自分がキャラ萌えでガンダムAGEという作品を見ている事がよく分かりました(ぇ
正直、先週まではもう感想やめようと思ってたぐらいなのに、今週アセムが画面に映った瞬間興奮しっぱなしでしたし(ぉ

感想サイトなどではもっと正体ばらすの引っ張れよ的な意見が多かったですが、アセムの再登場を心待ちにしていた自分にはむしろアセムだとはっきりして嬉しい事この上なかったというか。
でも、声は出来れば前のままで変えないで欲しかったかなー(ぉ

○宇宙海賊ヴィシディアン


ec9ebde0-s.jpg
↑AGE-2を改良した海賊のガンダム・ダークハウンド


外伝漫画『追憶のシド』で明かされた事実なのだが、アセムは第二部終了後、宇宙海賊との戦闘でAGE-2を破壊されていた(このとき公式に消息不明扱い)。ちなみにその事はフリットも知ってるはずなのだが一切口にしなかったのは、外伝との連携が上手くいっていないのか、それともフリットもいい加減もう歳なのか・・・(ぉぃ

その彼が何故自分の敵だった筈の海賊と行動を共にしているのか?それは、海賊行為を装ってヴェイガンと繋がりのある連邦の艦を襲い、フリットとは違うやり方で連邦の腐敗を外側から正すためだった。13年間も素性を隠していたのも、それが理由だったのである。

そしてアセム・アスノ改めキャプテン・アッシュと名を改めたアセムは、今のディーヴァがAGEシステムを運用するに相応しい部隊であるか、それに加えて成長した息子の実力をこの手で確かめるために、ディーヴァに相対してくる!


705e3d79-s.jpg


アセム「さあ、力を見せてみろキオ・・・この父に!」

アセムのダークハウンド腕に装備されたワイヤーかってのゼハートを髣髴とさせるキックなど、スーパーパイロットの面目躍如といった戦いぶりを見せてキオを翻弄する!


4411c3e0-s.jpg
↑やはり強い、スーパーパイロット、アセム・アスノ!


だが、その戦闘中空気読めよといわんばかりに乱入するヴェイガンの部隊。ファントム3の生き残りを含めた敵の猛襲にキオのガンダムはたちまちピンチとなってしまう。
だが、その状況でもキオはXラウンダー能力を駆使してヴェイガンの部隊に立ち向かう!そのキオの戦いぶりを見たアセムは、息子が確かに成長している事を感じ取るのだった・・・


f342d650-s.jpg
アセム「やるじゃないか・・・」


しかし、その戦いの最中キオのガンダムは仲間の敵討ちに燃えるファントム3のMSに身動きを拘束され、このままでは死を待つだけの状態になってしまう!


c23b3765-s.jpg
↑そうはさせるか!


まるで過去の自分を助けて宇宙に散ったウルフのように、息子を助けに飛び出すアセム!だが、あの時とは違い、息子を助けた上で向かってきた敵を華麗に撃墜してみせるアセム・・・!


2fe6662a-s.jpg


アセム「スーパーパイロットを舐めるなよ!」

この瞬間俺の興奮のボルテージMAXである(何)

そして去り際にアセムはキオのガンダムに謎のメッセージカプセルを取り付けて去る・・・。それには、戦争の行く末を左右する”呪われた秘宝”が隠されているというが・・・

○ヴェイガンサイド


00f5ab54-s.jpg


フラム「ゼハート・ガレット・・・お兄様は貴方を助けて死んだ・・・。貴方がそれに値する男でなければ、私がこの手で・・・!」

やはりゼハートの監視のために送り込まれたフラムだが、発言を聞く限りどうやら彼女はアセム編でゼハートを助けて散ったマジシャンズ8のリーダー、ドール・フロストの妹であるらしい。それにしては苗字が違うが、偽名なのか・・・?

ちなみにゼハートさんはこの戦いで散った部下の名前を全員覚えているというガンダムWエレガント閣下のような事をやっていました。

少しは、隊長としての自覚があったらしい(ぇー



HG 1/144 ガンダムAGE-2 ダークハウンド (機動戦士ガンダムAGE)HG 1/144 ガンダムAGE-2 ダークハウンド (機動戦士ガンダムAGE)
(2012/07/30)
バンダイ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[ 2012/06/03 19:31 ] ガンダム | TB(0) | CM(4)

ふむふむ

 やっぱりというか、予想通りというか、アセムは海賊になっていましたね。まぁ、そうじゃないとメインに食い込んでこられないからなぁ…髪型もボサボサになり、顎髭も生やしてずいぶんワイルドに変貌しちゃいましたねー。フリットが子供からおっさんになった時よりは、何だろう…イケてると思ってしまった(笑)。
 
 そんなアセムの正体、確かにもっと引っ張るのかと思っていましたが、アセム本人がフリットに親父発言、フリットもあっさり気が付き、キオにもあっさりばらすというね…視聴者はすぐ気が付くのはいいですが、キオにはもっと後々気が付いてどうにか展開するシナリオになっててほしかったかなぁ。まぁ、あの脚本じゃ無理か…
 
 そういえば、アセムはキオには戦闘してほしくなかったはずなのに、今回嬉しそうに腕試ししてましたね(笑)。しかも秘宝の事も託しちゃったし…うーん、いいのかそれで(笑)。
 
 個人的にはダークハウンドが黒機体AGE-2なのはかっこいいと思いましたが、どうしてもあの頭部だけは気になってしまいますね(笑)。あと左手のフッカーみたいなの、あれも使い勝手良さそう。今回、それをしっかり活かしてこのピンチを救っていましたしね。それにしても、あのシーンはウルフがアセムを庇ったシーンと同じだろ…ツッコんだ視聴者が何人いた事だろうか…日野はワンパターンだなぁ。
 
 フラム…ドールはゼハートのせいで死んだと思ってるんでしょうね。まぁ、その通りではありますが、ドール自身が選んだ道だったんだから…誤解はどうやって解けるんでしょうね。
[ 2012/06/04 14:33 ] [ 編集 ]

>ゆきさん

コメントありがとうございます。

AGE-2に乗るのはどんな理由があれアセム以外認めたくなかったので、AGE-2を改良したダークハウンドのパイロットがアセムで本当に良かったです。アセムのほうが大人になって格好よく見えるのはただアセムがワイルドになっただけじゃなく、フリットのあの正直似合ってなかった顎鬚が問題だったかと(ぁ

アセムの正体が視聴者にばれるのはともかく、キオにばれるのはせめて次回以降でも良かったように思いますね。フリット爺さんがまたよけいなこと言っちゃうから・・・(ぁ

アセムは「息子を戦いに巻き込みたくない」と言っていたので、「力を見せてみろ」といったのには確かに違和感を感じました。まあ、それをいえば何故アセムはキオがガンダムに乗っているのを知っているのか?という別の疑問が・・・(ぁ

ダークハウンド、ショットランサーやアンカーなどいかにも「海賊らしい」武器がはまっていて格好よかったのですが、あの頭部は逆に海賊らしさを強調しすぎる感じがありましたね(笑
アセムがキオを助けるシーンは、ウルフがアセムを助けるシーンのセルフオマージュでしたが、あの時宇宙に散った師匠(ウルフさん)の過ちを繰り返さない、という感じもしてあれはあれで良かったように自分は感じました(ぉ

フラムの思いは「兄が庇った男に相応しいか見極める」のが目的みたいなので、誤解というほどでもないかと。


それでは、また。
[ 2012/06/04 19:01 ] [ 編集 ]

相当好きなんですね、アセムの事
まぁ、確かに正体バラスのは、もうちょっと引っ張った方が良いんじゃね?と思ったのは、少なからずあるのも、事実ですね
でもまぁ、公式漫画との連携が上手くってないのは、正直どうなんでしょうね? 流石にフリットが年のせいでボケた、と言うのもちょっと信じらんないし……(ぁ
逆に、アセムもキオを戦いに向かわせたくない、と言う気持ちはあるでしょうが、あのフリットの性格もある程度理解してる部分がある、と信じたい……(ぉぃ

ともかく、状況が状況ゆえに、アセムの活躍は暫くなさそうな雰囲気を感じますが…… 出来れば、速い再登場を願いたい所ですね

それでは、また♪
[ 2012/06/05 18:34 ] [ 編集 ]

リッターさん

コメントありがとうございます。

アセムの復活は嬉しかったけど、ちょっと今回の感想はいきすぎだったかな・・・と正直反省しています(ぁ)。キャラ萌えとかは別に書かなくても良かったかな・・・と。

視聴者にばらすのはともかく、せめてキオには秘密のままでよかったんじゃないかな、とは思いますね。

外伝漫画と上手く連動していれば海賊登場でフリットは何らかのリアクションを起こしても良かったんですけどね・・・。彼にすれば「息子の命を奪った仇」だったはずなんですけど・・・

アセムは父親(フリット)の性格を理解しているのでしょうが、それと息子(キオ)を戦わせる事はまた別の問題なのでは・・・とも思います。


しばらくアセムの出番はなさそうですが、できれば1ファンとして(ぉ)、少しでも早い再登場を願いたいものです。


それでは、また。
[ 2012/06/05 19:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://w3b598.blog.fc2.com/tb.php/97-de316d88








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。